タッパー弁当の魅力とおすすめ7選を紹介|お手頃価格でおしゃれなランチを演出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「今使っている弁当箱に飽きてきた、そこで、今話題のタッパー弁当にしてみたい!」あなたは今、そうお考えではありませんか??

朝は毎日大変で、お弁当作りに精が出せない…。毎日のお弁当作り、大変ですよね。そこで、今話題のおしゃれで時短にもなる便利な「タッパー弁当」をご紹介いたします!!

この記事では、実際に「タッパー」をお弁当箱として有効活用している主婦さん達の声を参考にし、そもそもタッパーでお弁当をつくることのメリッ トからご説明いたします。さらに、お弁当箱におすすめなタッパーの種類も紹介しています。

タッパー弁当は働く女性の皆さんの忙しい朝に余裕を与え、お昼の時間にさらなる華やかさを与えます。
さあ、新たなるタッパーライフへとでかけましょう!♪

 

1.タッパー弁当とは?

そもそも「タッパー弁当」とはなんでしょう?「お弁当箱をタッパーで代用したお弁当」です!何も難しいことはありません。どの家庭にでもある「タッパー」。そこにおかずやご飯を詰めるだけです。

てくてくさん(@tomo3065)がシェアした投稿

 

2.タッパーと弁当箱の違い

タッパー弁当とお弁当箱はどう違うの?
タッパーのメリットとはいったい何なのか、その答えを簡単にご紹介させていただきます。

2-1.圧倒的に洗いやすい

・アルミ製の弁当箱と比較すると、食洗器、漂白剤が問題なく使えるので、安心でラクチンです。
・弁当箱とは違って、無駄な凹凸がなく構造がシンプルなので洗いやすい!!

2-2.冷凍保存そして電子レンジで解凍可

・大量に作り置きをし冷凍保存、そして….電化の宝刀「レンジでチン!」をするだけで出来上がるこの簡単さ。
・職場に電子レンジがある方は、冷凍ごはんを保冷剤代わりに持ち運びできます!

2-3.密閉性に優れているので汁物も持ち運べる

・お味噌汁だけでなく、カレーとご飯を別容器に入れ職場でレンチンすれば、いつでもほかほかカレーが食べられます。
・昨夜の汁物の残りをそのまま直接次の日のお弁当に!

2-4.節約女子に嬉しい、お財布に優しいお手頃価格

・タッパーはサイズ、色、形が種類豊富で、100均でも丈夫なものが手に入る時代です。
・同じ種類のものを揃えると、かわいくまとめて保管できるのもポイントです。

3.弁当箱としてのタッパーサイズや形の選び方

形によってそれぞれに特徴があるので使い分けてみるのも楽しさの一つとなるでしょう。
内容量は400MLの物を選ぶのが標準のおすすめサイズです。

3-1.長方形タイプ

この、タイプは底が深くなっているので、サンドイッチをいれるのに丁度いい大きさです。

hiroさん(@to_do_163)がシェアした投稿

3-2.コンテナタイプ

一番ノーマルなタイプで、汎用性抜群!そのままボリュームたっぷりサラダにも良し、底にご飯を敷いて軽い丼系にするも良し、使い方はあなた次第です。

ジップロック弁当男子さん(@tetsunosato)がシェアした投稿

3-3.スクリュータイプ

みなさんご存知、水漏れなしの最強タッパーです。スープやシチュー、カルボナーラ弁当もこのタッパーで叶います。

______おなつ。さん(@onatsu_onatsu)がシェアした投稿

 

4.おすすめのタッパーシリーズ

今やどこで売られているタッパーでも性能が高く、長持ちするようです。

4-1.100均タッパー

まずは、お近くの100均へGO!そこには必ずあなたに必要なタッパーが待っています。

2-2.楽ちんタッパーシリーズ

こちらのタッパーはごはんの冷凍用として高く評価されています。このシリーズはロゴや飾りがなく、汚れにくく洗いやすいのが特徴です!サイズの種類がたくさんあるので、ぜひお試しあれ。

4-2.Floyd DELI CUP シリーズ

見た目にこだわった、ロゴがおしゃれなシリーズです。

4-3.定番 ZIPROCK シリーズ

すでに我々の生活の一部であるジップロックのシリーズは言わずと知れた機能で大活躍してくれます。

5.おしゃれに仕上げるアイテム集

5-1.ワックスペーパー

ワックスペーパーをしきりにする、または、少し底に大きく敷くだけでこだわり弁当が完成します!

 

5-2.風呂敷

タッパーを包んで持ち運ぶだけでなく、カバンからタッパーをまるごと出すのに少し抵抗がある方におすすめ!

6.まとめ

✔タッパー弁当は、忙しい働く女性におすすめ
✔豊富な種類から自分の用途に合わせて自分らしくおしゃれにアレンジできる
いかかがでしたか? これであなたのシンプルでおしゃれな弁当生活が始まることを心より願っております。是非、自分にぴったりのスタイルを見つけてくださいね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*