おしゃれな茶筒おすすめベスト3|選び方からお手入れまでをていねいに解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お茶の葉をおいしく保管するのに欠かせない茶筒。でも「頻繁に購入するものでもないからよくわからない。」とお悩みであはりませんか?値段もピンキリでどれがいいのかわからないですよね。でも大丈夫です。基本の選び方さえ抑えておけば、簡単にいつでもおいしいお茶が飲めるようになります。本記事では、おすすめの茶筒もご紹介し、さらなるティーライフを楽しんでいただけるヒントが詰まっています。

茶筒とは?

茶筒とは、お茶葉を保存するための専用容器です。最近はさまざな茶筒が開発されており、モダンなものから昔ながらのものまでたくさんの種類が存在しています。

茶筒の選び方

茶筒の選び方は4つのポイントを押さえれば簡単に選ぶことができます!

①素材は、木製か金属製!

理由は、茶葉は日光で劣化するからです!!ガラスやタッパーで便利なものもありますが、やっぱり茶葉を安全に保ちたいですよね?

②密閉性で選ぶ

茶葉は発酵しているので、酸素にも弱いです。ですので、パッキン付きの物など密閉性の高いものを選ぶのがGOODです!

③口の大きさは最重要

茶筒の使用頻度は1日1回、多いときは2回、使うときは便利に使いたいですよね?ですので、毎回のストレスを避けるためにも「口が大き目」のものを選ぶとよいでしょう!!

④容量は自分の家庭に合わせて考える。

保存したい茶葉の量と茶筒の容量を考えてベストサイズを購入しましょう。余ってしまっても仕方ないのでね…..

通販で買えるおしゃれな茶筒3選

1.日本茶インストラクターも絶賛「江東堂高橋製作所 茶筒生地缶 平缶150g

【価格】¥2,715

【仕様】スチール|日本製

【カスタマーレビュー】

蓋の締まり方が神がかってます。
軽くのせてもゆーーっくり蓋がしまっていきます。
これぞ職人技と感動すらしました。

詳細を見る

 

2.Amazonベストセラーの「Coffee Gator コーヒーキャニスター

【価格】¥3,159

【仕様】ステンレス製

【筆者コメント】

こちらの商品はコーヒー豆の保存器具ですが、少し多めに保存するにはピッタリの器具です。湿気を抜いてくれたり、

詳細を見る

 

3.圧倒的コスパ「日本製 HAKOYA たつみや 茶筒 鎌倉 56639

【価格】¥982

【仕様】日本製|コリア樹脂

【筆者コメント】

HAKOYAの「茶筒 鎌倉」は、和の雰囲気のあるリーズナブルな茶筒をお探しの方におすすめの商品です。樹脂製ながらも鎌倉彫りを思わせる美しいデザインが魅力。価格以上の高級感を感じさせます。

詳細を見る

茶筒の使い方とお手入れ方法

デリケートな作りの「茶筒」そのお手入れ方法に迫ります!

茶筒の使い方

茶筒は単純に茶葉を保存するためにも使用されますが、他にコーヒー豆や乾物を入れるのにも便利なものとなります。

また、茶筒は基本的に食器棚などの冷暗所に保管しましょう。冷蔵庫での保存は匂いの原因となりますので。

茶筒のお手入れ方法

茶筒の水洗いは厳禁です。少しでも湿気が残ってしまうと、大切な茶葉が腐ってしまうので……

匂いがついてしまったときは?

残った茶葉を入れて振るだけ、緑茶の茶葉は消臭剤にも使われるほどなので効果は高いです。

おしゃれな茶筒といえば京都の開花堂

京都の「開化堂」は、明治8年創業の日本で最も古い歴史をもつ手作り茶筒の老舗です。こちらの茶筒の特徴としては「使うほどに深みが増す光沢」老舗が作り出す手作りの茶筒は今も愛され続けています。

詳細を見る

まとめ

いかがでしたか?奥ゆかしき伝統の茶筒、興味を持つことができましたか?

選び方をおさらいすると、抑えるべき要点はこの4つ

1.日光に気を付けた素材選び

2.密閉性は高めで選ぶ

3.口は大きなものを選ぶ

4.家庭にあった容量選びを

みなさんも是非この要点に気を付けて茶筒を選び、こだわりの1つをお見つけ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*