水筒に炭酸はNG!その理由と開かない時の対処法、炭酸OKな水筒3選も紹介

「コーラや炭酸水などの炭酸飲料は水筒に入れても大丈夫?」

入れる時には、特に何も問題がなさそうなので、入れてしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、筆者もステンレス製の水筒に炭酸を入れたことがあります。

しかし、フタが開かなくなってしまうという悲劇が起こりました。

そんな経験をされた方や、これから炭酸を入れて持って行こうか悩んでいる方に、水筒に炭酸を入れてはいけない理由とそれでも持ち運びたい方のための、炭酸を入れられる水筒をご紹介します。

 

水筒に炭酸を入れても大丈夫?

結論は、NGです!

お家にあるステンレス水筒にいつもの炭酸水を入れて…。

なんてことをしてしまうと、オフィスに着く頃には、フタが開かない

なんてことにもなりかねません。

 

【図解】なぜ炭酸を水筒に入れてはいけないの?

理由は、水筒内部の気圧の変化によるものです。

もう少し詳しく解説すると、炭酸は水筒に入れた瞬間から時間が経つに連れて気圧が上がっていきます

 

すると、圧がかかっているため、中からぐーっと力がかかっている状態になります。

そのためボタンを押して開けるタイプの水筒もボタンが押せなくなってしまうんですね。

 

もしも開かなくなってしまた時の開け方は「冷やす」!

開かなくなってしまった時はどうすればいいのでしょうか?

炭酸は温度が上がると圧がかかりやすくなるので、温度を下げてあげると自然と圧も下がります

冷蔵庫に入れるのが、もっとも手っ取り早くておすすめです。

目安は1-2時間くらいです。適度に冷やしてから様子を見てみましょう。

 

ただし、冷凍庫には絶対に入れないようにしましょう。

凍らせると、中の液体が膨張して水筒が壊れるほどの大惨事になってしまう恐れがあります。

 

炭酸OKな水筒3選

これまで、炭酸を水筒に入れるのは絶対にNGとお伝えしましたが、例外で、炭酸を入れても大丈夫な水筒があります。

これを持って、ピクニックにはもちろん、屋外やグランピングでシャンパンなんてのもいいかもしれません。

 

 

価格:¥5,292

24時間の保冷機能と18時間の保温機能を誇る、デザインも機能性も申し分のないフラスク!

こちらは炭酸だけでなく、アルコール飲料も持ち運べる高機能な水筒です。

その理由は以下の3つ

・フタを緩める際には気泡が逃げる様に設計、開栓時のガス爆発も防ぎます。

ウォッカボトルにも採用される、高級ステンレス鋼を使用しています。

・キャップはミリ単位で正確に作られていて、ガスや液体は漏れません。

 

【楽天】FLSK[フラスク] 500ml を詳しく見る

 

 

価格:¥6,480

ハイドロフラスクは、クラフロビールが有名なオレゴン州で2009年に設立され、初めての全断熱ボトルを開発しました。

ビール好きのためにつくられたグラウラー(ビールボトル)は瞬く間に広まり、人気商品となっています。

ハイドロフラスクの中でも、こちらのグラウラーシリーズ以外は、炭酸を入れられないので、お気をつけください。

 

【楽天】Hydro Flask[ハイドロ フラスク] 740ml を詳しく見る

 

価格:¥3,888

オフィスのデスクの上にも置ける、タンブラー型のドリンクタンクスの水筒。

最近では、炭酸コーヒーなるものも流行っているので、朝の眠気覚ましにもいいかもしれませんね♪

 

【楽天】DRINK TANKS[ドリンク タンクス] 473ml を詳しく見る

 

まとめ

✔️基本的に、水筒に炭酸を入れるのはNG

✔️炭酸でフタが開かなくなってしまったら「冷やす」

✔️炭酸を入れる場合は専用の水筒を使おう!

 

いかがでしたか?

アルコールも入れられる水筒は魅力的でしたね。

保冷効果のある水筒なら、山登りをして、頂上でキーンと冷えたビールを一杯。

なんてことも叶いますね。

炭酸が入れられる水筒は、1本持っておくと大活躍しそうな予感がしてきませんか?