ミルクパンとソースパンの違いって?|おしゃれなおすすめ6選も紹介!

ミルクパンとソースパンの違いとは?

簡単に説明すると、ミルクパンとソースパンの違いは「注ぎ口」があるかどうかです。

たまに口コミなどで、「注ぎ口が無くこぼれます」などど書かれていますが、用途が違うので当たり前です。

ミルクパンは、名前の通り、牛乳を温めてそのままカップに注ぐことを想定して作られています

一方、ソースパンは、ソースなどを温め、それをレードルでお皿に注ぐことを想定して作られています

ソースをお鍋から直接注ぐことはあまりないですよね。 ただ、あまりメーカーでもはっきりとした定義はなく、Amazonや楽天の通販サイトでは両方とも表記されていることも多いです。

購入する際は、ご自身の用途に合わせた方を選んでください。  

おすすめのミルクパン3選

月兎印 ミルクパン 14cm

月兎印 ミルクパン 14cm 価格:¥3,082

同社のケトルなどとも合わせたい、おしゃれなキッチンに合うホーロー製。 両側に注ぎ口が付いているためどちらの利き手でも大丈夫です。 ホーロー製は徐々に温まるためステンレス製のように突沸が起こりにくいのが特徴です。

→このミルクパンについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月15日現在のAmazonの情報を引用しています。  

蓋つきでころんとしたデザインがかわいい「K+dep (ケデップ) セラウェア ミルクパン 500ml」

K+dep (ケデップ) セラウェア ミルクパン 500ml  価格:¥1,860

食卓にそのまま運べるデザインです。 ミルクの温めだけでなく一人分のお味噌汁やカレーなどの調理にも。 セラミック製なので冷めにくくて保温効果抜群です。

→このミルクパンについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月15日現在のAmazonの情報を引用しています。  

レトロなデザインの「アサヒ 純銅製 ミルクパン」

アサヒ 純銅製 ミルクパン

価格:¥3,107

銅鍋は熱伝導率が高いのが利点。 入れた水も驚くほど早く沸騰します。 煮込みなどの長時間の調理にはガス代、電気代の節約にもなりそう♩

→このミルクパンについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月15日現在のAmazonの情報を引用しています。  

おすすめのソースパン3選

くっつきにくい鍋といえば 「バッラリーニ社 セルヴィンターヴォラ ソースパン 」

バッラリーニ社 セルヴィンターヴォラ ソースパン

価格:¥2,365

くっつきにくいノンステイック加工といえば、イタリアのバッラリーニ。 半個体状のトロッとしたソース作りには欠かせません。

→このソースパンについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月15日現在のAmazonの情報を引用しています。  

フタと一体になったデザインがすてきな「野田琺瑯 ソースパン 14cm」

野田琺瑯 ソースパン 14cm 価格:¥4,123

ちょっと深さを出した、スープを作ったり、野菜や卵を茹でたり、簡単な揚げ物にも使えるように工夫が施されています。 フタ付きなので、残った中身はそのまま冷蔵庫で保存できちゃいます♪

→このソースパンについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月15日現在のAmazonの情報を引用しています。  

一度は憧れる 「STAUB スモール ソースパン グレー 10cm」

STAUB スモール ソースパン グレー 10cm 価格:¥9,526

おしゃれなデザインはもちろん機能性も抜群です。 従来のホーロー加工とは異なり、ザラザラした表面に仕上げ油が馴染みやすく焦げ付きません。 ひとつひとつ手作りされたお鍋はあたたかみのある質感です。

→このソースパンについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月15日現在のAmazonの情報を引用しています。  

まとめ

✔️ミルクパンとソースパンの違いは「注ぎ口」、用途に合わせて選ぼう!

✔️ホーロー製の片手鍋は、突沸を防げておすすめ

いかがでしたか? お料理の幅も広がり、便利なミルクパンやソースパン。 小さな片手鍋があると一人分のお料理や昨晩のお料理の温め直しにも便利ですよね。

ぜひ、活用してみてください。