「自炊」のモチベーションが湧かない。そんなときに試したい6つのコト。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「どうしても自炊のモチベーションが湧かない…。」

「節約や健康のためにも自炊がいいのは分かってるんだけど。」

お仕事が終わって、おうちに帰って、やっとご飯を作る頃にはもう22:00?

そんなことも少なくありませんよね。

本記事では、そんな頑張る女子のみなさんのために、楽しく自炊を続けられて、さらにもっとお料理が好きになる、そんなヒントを詰め込みました。

これを読んで、少しでも毎日のおうちごはんが充実することを願っています。

 

今すぐ!自炊をするためのモチベーションが湧く3つのコト

1.まずはスーパーに行ってみる

自炊のモチベーションが湧かない時、なんとなく、先にレシピばかり考えていませんか

そんな時は、まず何も考えずに、お仕事の帰り道のついでにスーパーに足を運んでみましょう

意外と歩いていると楽しくなってきて、「今日はこんなメニューにしようかな?♪」とアイディアも浮かんでくるはず!

 

2.炒めるだけ、混ぜるだけのレトルト食品でもOK

「自炊しなきゃ!」と思い、全部1から10までを手作りしようとしていませんか?

お料理こそがストレス発散!という方ならいいですが、毎日すべてを手作りするのは、ちょっと疲れてしまいますよね。

そんな時は、スーパーに売っているお手軽食材を買ってみましょう!

例えば、「ご飯は炊いて、カレーはレトルト。」や、「パスタを茹でて、ソースは市販のもので。」という形でもOKですよね。

無理なく楽しめる範囲でいろいろ組み合わせてみましょう。

 

3.お料理動画でモチベーションをあげる

お料理動画の定番といえば、「クラシル」が有名ですよね♪

下ごしらえから盛り付けまでをたった1分前後で紹介してくれます。

https://www.kurashiru.com/

 

他にも、Youtubeなど、お料理を紹介しているおしゃれなチャンネルがいくつもあります。

Ft8編集部おすすめのYoutubeチャンネル一覧

Peaceful Cuisine

vegan (菜食)で作っているとは思えないくらい、ハイクオリティのお料理が盛りだくさん。

レシピはもちろんのこと、まるで邦画を見ているかのような動画を楽しむことができます。

筆者は、一時期ハマりすぎてしまい、このチャンネルの動画をすべて見つくしてしまいました。

動画作成者のRyoya Takashimaさんは、DIYも得意で、とてもおしゃれなキッチンも見ることができます。

ぜひ、インテリアの参考にしてみてください。

Peaceful Cuisineの動画をもっと見る

 

ビデリシャス – おいしい動画 –

様々なジャンルのフードクリエイターの方の動画が集まる、ビデリシャス。

ちょっとした隙間時間に見れる30秒程度の動画から、5分以上の本格的なものまで、女の子が心奪われるおしゃれな動画がアップされています。

「1つだけみようと思ったのに、気づいたらこんな時間?」ということもしばしば…。

ビデリシャスの動画をもっと見る

自炊を習慣にしたいときに試したい3つのコト

1.まずは「週3」を目指してみる

「毎日、必ず自炊しなきゃ!」と頑張りすぎていませんか?

自分を追い込みすぎず、まずは、 週の3日間だけ、自炊に挑戦してみましょう♪

 

2.SNSに完成した料理をアップしてみる

インスタにおいしそうな写真をアップしてみましょう!

最初はきれいに取れなくても、どんどんお料理も写真もうまくなって一石二鳥です♪

 

参考にしたい、おすすめのハッシュタグ

#おうちごはん:【初心者向け】定番のハッシュタグ。暖かい雰囲気の写真が多い印象。

#デリスタグラマー:【中級者向け】クオリティの高い写真が多め。撮り方の参考になるものがたくさん。

#フーディーズクラブ:【上級者向け】ハイエンドなザ・おしゃれご飯が勢ぞろい。眺めているだけでも気分が上がります。

Person taking an Instagram photo on an iPhone of their food

 

3.おしゃれな食器やキッチン用品を買ってみる

やっぱりなんと言っても、自炊のモチベーションが長く続くコツは、おうちにお気に入りの食器やキッチン用品があること。

フライパンなどの大きい調理器具でなくとも、ちょっとした日用品をお気に入りのものにするだけで気分が上がります♪

例えば、 お気に入りのカフェの食器を真似てみたり、雰囲気のいいサイトでキッチン雑貨を探してみたり。

 

 Ft8編集部がおすすめする、おしゃれな雑貨が買えるサイト

北欧好きのあなたには「KOZLIFE」がおすすめ

洗練されていて、なおかつ背伸びをしすぎない、日本の食卓に合うアイテムが揃っています。

北欧の有名ブランド、ケーラー、HAY、アルテック、ファームリビング、 コスタボダや日本のキッチン雑貨や便利な日用品と国内生産のオリジナル商品を扱っています。

さらにKOZLIFEでは実際に使って「本当に良いもの」をセレクトし、長く愛用できる商品をご提案しています。


あわせて読みたいおすすめ記事

おしゃれなパスタ皿おすすめ9選|カレー皿やサラダ用にも使える

おしゃれなボトルの食器洗剤ブランドおすすめ7選|ギフトにも贈りたい!

まとめ

✔️まずはスーパーに行ってみることから始めよう

✔️おしゃれなお料理動画でモチベーションアップ

✔️まずは週3の自炊を心がけてみて

 

いかがでしたか?

意外と難しく考えず、できることから始めてみるのがよさそうですね♪

この記事をきっかけに、無理をしすぎず、楽しみながら自炊を続けていただけると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*