おしゃれなおちょこおすすめ10選|おうち飲みをがもっとおいしくなるヒント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お仕事お疲れ様です。お仕事終わりの「お酒」ほど楽しみなものはありませんよね。みなさんは「日本酒」を飲むとき、何で飲んでいますか?ガラスのコップですか?それともボトルから一気に…?今日は、そんな夜のお楽しみタイムをさらにおしゃれに、そして味わい深く過ごすための「おちょこ」の選び方を紹介いたします。この記事を読んで、あなたにぴったりのこだわりの一点を見つけてみてください。

 

 

「おちょこ」と「ぐい呑み」の違いをおさらい

今回ご紹介させていただくのは「おちょこ」ですが、日本酒のグラスとして有名なものにもうひとつ「ぐいのみ」がありますよね。そこで、違いについて紹介したいと思います。

・サイズ 違いは言ってしまうとここに尽きます。一口レベルの物が「おちょこ」、ぐいっと少し多めにのむことができるのが「ぐい吞み」となります。

・特徴 おちょこはなんといっても、温度変化しずらいということです。おちょこの場合、とっくりから継ぎ足しつつ飲むという形になるので、冷めにくいという利点があります。ぐい吞みはいちいちつぐのが面倒くさい言う方におすすめです。

これを把握したうえで今回は「おちょこ」の選び方に限定して紹介していきたいと思います。

 

おちょこの選び方

おちょこの選び方は「飲むお酒に合わせた素材」そして「味わい方に合わせ形」の二種類です。

味わい方に合わせた素材で選ぶ

・陶磁器

陶器、磁器にはこれにしかない、和を感じる丸み、柔らかさがあります。落ち着いて、丸みのある優しい味を楽しみたい方におすすめのグラスです。

・ガラス

ガラスの特徴は無味無臭なので、お酒の味をダイレクトに感じられます。良い部分も悪い部分も日本酒本来の味を引き出します。基本的に酒器によってかき消されてしまいがちなシャープなお酒などの、繊細さを持ち合わせているお酒に合います。

・錫

少し他と比べると、高価な商品にはなりますが、その分、高級感は桁違いです。錫は熱伝導性が高く、冷酒を飲む際にはぴったりです。また、科学的な分析により、錫の持つ光触媒効果によってお酒の雑味であるフーゼル油というものが分解され、お酒の味がまろやかになるのだそうです。

・木

木の特徴としては「香り」「デザイン性」です。木の物はやはり香りが強いので、日本酒の香りを消してくれるので少し日本酒の香りが苦手な人にはおすすめです。また、他と比べるとデザイン性に安定感があるので、和の雰囲気を出すには1番です。

飲むお酒に合わせた形状で選ぶ

今回はお酒を「香り」「味の濃さ」から4択に分けてご紹介いたします。

1.香り強め、味濃いめ 熟酒

味も匂いも強めの物には、重量感のあるタイプがぴったりです。また、見た目からも日本酒の深みが味わえます。

2.香り強め、味薄め 薫酒

香りを楽しむためのものとしては、口の広く下がすぼまっているラッパ型が1番です。

3.香り弱め、味濃いめ 爽酒

すっと気持ちよく軽めに飲める日本酒には、小さな器をおすすめします。一度に軽く飲めるものがいいですよね?

4.香り弱め、味薄め 醇酒

香り抑え目のコクのある日本酒には、和風な茶わん蒸しタイプのものがおすすめです。お米の味はやっぱり和風に味わいましょう!

 

通販で買えるおしゃれなおすすめのおちょこ素材別10選

陶器

 


【価格】¥2,009

【仕様】

  • 容量:250ml
  • 材質:陶器
  • 生産国:日本(美濃焼)
  • 貼箱

【編集長コメント 】

重宝してます。唯一きになるのが、徳利の中が見えないため、お酒を注ぐ際、溢れないように注意することだけでしょうか。

詳細を見る

 

 

磁器

 


【価格】¥1,012

【仕様】

  • サイズ:φ7.2×3.5cm
  • 本体重量:0.3kg
  • 素材・材質:磁器
  • 生産国:日本

【編集長コメント 】

有田焼の淡いブルーの色がおしゃれなおちょこ。丸みを帯びていて、香りが立ちやすく、じっくり味わいたい方におすすめです。

詳細を見る

 

 

 

【価格】¥1,620

【仕様】

  • サイズ:千代口×2/6.5×4.5cm
  • 本体重量:約0.18kg
  • 生産地:日本(美濃焼)
  • 箱:化粧箱
  • 箱サイズ:8×11×7cm

【編集長コメント 】

日本酒女子会にぴったりのかわいいおちょこです。

詳細を見る

 

 

【価格】¥3,888

【仕様】

  • 燗徳利 直径7×12cm 210ml
  • 盃(大) 直径6×4.5cm 50ml

【編集長コメント】

落ち着いた大人の風合いかつモダンでおしゃれなおちょこ。差し色の藍の色が風情漂わせるいい演出をしてくれています。日本酒好きなご夫婦へのギフトにもぴったりです。

詳細を見る

 

 


【価格】¥4,320

【仕様】

  • 本体サイズ:【徳利】 約 径 6cm ×高さ 16.5cm 300ml 【盃】約 口径 7.5cm ×高さ 3cm
  • 素材/材質:半磁器  色/柄:ブルーメ)
  • 原産国:日本製(Made in Japan) 長崎県波佐見町
  • 食器洗浄機:使用可○、電子レンジ:使用可○、オーブン:使用不可× ※急冷等は破損の可能性がありますのでご注意ください。

【編集長コメント】

北欧風のデザインの器とも相性がよさそうな波佐見焼のおしゃれなおちょこ。お漬物など、ちょっとした副菜の器にしてもいいですね。

詳細を見る

 

プレゼントにもぴったりなきれいなグラス

 

 

【価格】¥3,094

【仕様】

  • 本体サイズ:盃「黄金空」:直径(最大径)約62×H48mm、盃「ねぶた流し」「夕涼み」:直径(最大径)約74×H44mm
  • 本体重量:約500g
  • 素材・材質:ソーダガラス
  • 生産国:日本
  • 容量:50ml

【カスタマーレビュー】

 


【価格】¥12,960

【仕様】

  • 直径8×高さ4cm (50cc)
  • 素材:ソーダガラス
  • セット内容:FUJI 江戸切子 ×2ヶ、桐箱 ×1ヶ
  • 生産国:日本
  • パッケージ:桐箱入り  ※パッケージの仕様は予告なく変更になる場合があります。

【カスタマーレビュー】

友人の結婚祝いに購入しました。注文から配達までとてもスムーズでびっくりでした。包装も丁寧でなによりも上品で素敵な品物。自分でも欲しくなってしまいました。

詳細を見る

【価格】¥3,836

【仕様】

  • 本体サイズ:ねぶた片口/最大径約95-87×高さ95mm、金彩盃/最大径約74(口径74)×H47mm(1個あたり)
  • 素材・材質:ソーダガラス
  • 生産国:日本
  • 容量:ねぶた片口/250ml、金彩盃/85ml
  • セット内容:ねぶた片口:1個、金彩盃:2個

【カスタマーレビュー】

津軽びいどろって言うと高級なイメージがありましたが、
値段もそこまで高くなかったので、思い切って購入しました。
見た目がキレイなので、視覚で楽しみながら毎日晩酌しています。

 詳細を見る

その他


【価格】¥3,024

【仕様】

  • サイズ H35 φ61 容量 約40cc 箱サイズ H50 W79 D79
  • 重さ(箱含む) 141g

【編集長コメント】

錫で作られた「能作」のはおしゃれなおちょこで人気。ぜひ一度、錫の作用でまろやかでおいしい日本酒を味わってみてください。

詳細を見る

【価格】¥5,400

【仕様】

  • サイズ:吟醸酒-約直径6×高さ6.2cm、純米酒-約直径6.5×高さ4.5cm、本醸造-約直径6×高さ7.3cm
  • 素材:陶器・磁器
  • 生産国:日本
  • 容量:吟醸酒-約100ml、純米酒-約70ml、本醸造-約70ml
  • セット内容:杯×3

【カスタマーレビュー】

すごくいい。その一言。
日本酒愛好家で良いものをサクッと揃えたいなら
これしかない。一品一品が丁寧に作られており妥協を感じません。
飲み友達も買っての総意。おすすめです。

詳細を見る

 

おいしい日本酒を飲もう

おしゃれなおちょこを揃えたら、早速おいしい日本酒を飲みましょう。最後に、いろんな飲み方をおさらいしておきましょう。

飲み方その1 日本酒の温度を変えてみる

一般的に飲み方は3つ

・冷酒:5℃-15℃

・常温:20℃-25℃

・熱燗:30℃-60℃

温度によって、旨味や香りが違ってくるので、それぞれのお酒に合った温度を見つけてみてください。

飲み方その2 いつもと違う酒器で飲んでみる

ワイングラスやウィスキーのロックグラスなど、違うジャンルの酒器で飲んでみると、いつもとは違う雰囲気や味わいを楽しむことができます。特に、香りのいい日本酒で挑戦してみることをおすすめします。ぐっと味わい深くなりますよ。さらに、おしゃれな雰囲気にもなるのでテーブルコーディネートも華やかになります。

飲み方その3 オンザロックで飲んでみる

氷を入れてオンザロックなんて飲み方もありです。特に、原酒や生酒で飲むと良さがわかります。女性で日本酒が苦手という方も多いかと思いますが、これならすっきりした味わいの飲みやすい口あたりになっておすすめです。

 

飲み方その4 日本酒を凍らせてシャーベットにしてみる

みぞれ酒とも呼ばれるこちらの飲み方は、暑い夏にぴったり!キーンと冷えた日本酒を花火を見ながら飲みたいですね。こちらは作り方が少しコツがいるものになっているので、以下のサイトを参考にしてみてください。

まるで日本酒のシャーベット?夏にぴったりなひんやり「みぞれ酒」のススメ

飲み方その5 炭酸で割ってみる

炭酸割りは意外に思われることも多いですが、炭酸水意外にもコーラやジンジャーエールも合うんです。ぜひ一度、試してみてください。

 

※「和らぎ水」も忘れずに

洋酒でいう”チェイサー”にあたる和らぎ水(やわらぎみず)は、日本酒の合間に飲むことで、酔いの回りをゆっくりにしてくれます。

まとめ

 

いかがでしたか?これでみなさんにもお似合いの一つが見つかったはず!!形、素材色々あるので、集めてコレクションにするのもおしゃれで楽しい趣味になると思いますよ。みなさんの夜のお楽しみタイムがこだわりのお楽しみタイムになることを祈っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*