電子レンジでご飯が炊ける!おすすめの専用炊飯器6選を紹介|時短・節約・省スペースが叶う

「電子レンジでご飯が炊けるあの器具なんだっけ?」

「毎日はいらないけど、たまに炊きたてのご飯が食べたいなあ。」

特に一人暮らしでは、炊飯器を買うかどうかは悩みどころ。

そんなお悩みを解決するのが「ライスクッカー」というアイテムです。

本記事では、ライスクッカーを使うメリット・デメリットを一人暮らし経験者の筆者が紹介します。

電子レンジでご飯が炊ける「ライスクッカー」とは

一人暮らしの時に、「炊飯器を買うかどうか」は悩みどころですよね。 外食なども重なると、毎日ご飯を炊くわけでもないけれど、さすがにいつもパックのご飯は味気ない。 そんな時の救世主が電子レンジでご飯が炊ける「ライスクッカー」です! 1合のご飯なら最短、たった10分の加熱で炊きたてご飯が食べられます  

電子レンジでご飯のメリット・デメリット

ライスクッカーのおすすめポイント

POINT ①1~2合の少量炊きにおすすめ ②電気代の節約になる ③省スペースが叶う

3点がおすすめポイントです。 特にわたしが一人暮らしをする時にあるといいなと思った点として、単身赴任やインターンでの「1ヶ月~1年以内の短期滞在」の方におすすめです。 わざわざ新しく炊飯器を買うのもなあという初期コストを気にされる方ならこれ一択です!  

ライスクッカーの残念なポイント

残念というか、当たり前なのですが、やっぱり炊飯器で炊いたご飯よりも味は劣ります。 ふっくらつやつやの踊り炊きなんていうものを、たくさんのメーカーが切磋琢磨試合っている炊飯器。 さすがにその猛者には叶いません。 ただし、ライスクッカーでも、しっかり浸水した新鮮なお米を使えば、きちんとおいしいご飯が炊けるのでご安心ください。  

電子レンジでご飯が炊けるライスクッカーおすすめ4選【1合】

そのまま食卓に出せる「和平フレイズ 土鍋 ご飯鍋 1合」

和平フレイズ 土鍋 ご飯鍋 1合 価格:¥1,280

本格的な土鍋ご飯に見えて、実は電子レンジで炊きました♪ 食卓にもそのまま出せて、ズボラ女子の味方です。 ガスコンロの調理にも対応しているので、小さめのお鍋を購入することを考えるとコスパが最高ではないでしょうか。

→この炊飯器についてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月10日現在のAmazonの情報を引用しています。  

マグ型で他の食器との相性もいい「パール金属 マグ型 電子レンジ炊飯器」

パール金属 マグ型 電子レンジ炊飯器 価格:¥1,280

おかゆがおいしく炊けるこちらの炊飯器。 小さめサイズでダイエット中の女子の味方。 どちらかというとおかゆを炊くためのものなので、普通のご飯は他のものに比べて劣ります。

→この炊飯器についてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月10日現在のAmazonの情報を引用しています。  

値段重視なら「ご飯メーカー 1合炊き ベーシック」

ご飯メーカー 1合炊き ベーシック 価格:¥609

他のものに比べて、お値段が約半分でお手頃。 まずはお試しに、という方におすすめです。 海外出張の際に活用されているという口コミも!

→この炊飯器についてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月10日現在のAmazonの情報を引用しています。  

これは便利!「サーモス ご飯が炊ける弁当箱」

サーモス ご飯が炊ける弁当箱 価格:¥2,780

レンジでチンしてそのままお昼のお弁当に! これなら職場で炊きたてご飯の夢も叶うかも。

→この炊飯器についてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月10日現在のAmazonの情報を引用しています。

電子レンジでご飯が炊けるライスクッカーおすすめ2選【2合】

縦長スリムで省スペース 「備長炭入り 電子レンジ専用炊飯器」

備長炭入り 電子レンジ専用炊飯器 価格:¥1,161

縦型のスリムな形で、収納の邪魔になりません。 ご飯を炊く以外にもカレーなども炊けちゃいます。 注意点として、新米は1合しか炊けないとの口コミも。

→この炊飯器についてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月10日現在のAmazonの情報を引用しています。  

かんたん 炊飯器 0.5~2.0合炊き 備長炭成分配合

かんたん 炊飯器 0.5~2.0合炊き 備長炭成分配合

価格:¥1,278

見た目はおひつ。 そのまま食卓に出すだけでおしゃれな雰囲気に。

→この炊飯器についてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月10日現在のAmazonの情報を引用しています。    

まとめ

いかがでしたか? 手軽に、今食べたい分だけ電子レンジでご飯を炊けるライスクッカーは魅力的ですね。 わたしもよく海外旅行にいくので、いつでも日本のお米が食べられるのはいいなあと思いました。 今度、長期で旅行をするときにスーツケースに忍ばせてみたいと思います。