大根おろしが変わる!タイプ別おろし器おすすめ5選と選び方のポイントを図解

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

焼き魚のお供、または、ジューシーな焼肉たちをさっぱりと味わえるみんなの味方「大根おろし」

大根おろしは、大根の箇所や、おろし方、おろし器など、色んなこだわりによって味、触感に違いが現れます。

そこで今回は、おろし器に注目してその特徴、選び方、厳選のおすすめおろし器をご紹介したいと思います!!

 

おろし器の粗さによる大根おろしの味の違い

大根おろしにもいろんな種類があり、人それぞれで好みも色々変わってきます。

その対極にあるのがふわふわ系ジャキジャキ系です。

単純ですが……

歯が細かければ細かいほどふわふわへと近づき

歯が粗ければ粗いほどジャキジャキな大根おろしができます。

または、ふわふわの物は水気がかなり強めで「辛い大根おろし」が出来上がります。

主におさかな料理など繊細な味の和食にぴったりです。

対して、ジャキジャキになればなるほど、水分が少なく「辛みの少ない大根おろし」が出来上がります。

こちらは、お肉料理などガツンと濃いめの味にぴったり

 

大根おろしの選び方のポイント

実はいろんな種類のあるおろし器も人ぞれぞれの好みに合わせたポイントを抑えると簡単に選ぶことができます。

好みに合わせた歯の粗さを選ぼう

先ほどご紹介したように、大根おろしは「触感」が肝心です。

触感を優先的に選ぶのがおすすめ、ふわふわのものにこだわりたい人は金属製の「おろし金」がおすすめです。

その逆の粗いものをお求めのかたは竹が香る「鬼おろし」を購入しましょう!

楽をしたい人、肩を凝りがちな人は電動がおすすめ

今や、がりがりと手で削らなくても、押し込むだけで、ふわふわ大根おろしが手に入る時代です。

組み立て式のものだと、お手入れも簡単にすることができます。

 

 

手で軽く削りたい人はアーチ状のものを選ぼう

削る板が湾曲していてアーチ状になっているものは、力をほぼ入れずに簡単に削ることができます。

また、いちいち持つ箇所を変えながら削る必要もありません!

 

おろし器おすすめ5選【電動・手動タイプ別】

では、実際に見ていきましょう!!

らくらく電動タイプ

三ッ谷電機 電動大根おろし器 おろしちゃん楽々 MRO-30R

 

三ッ谷電機 電動大根おろし器 おろしちゃん楽々 MRO-30R

価格:¥3,980

こちらはド定番の電動大根おろし器です。サイズはコーヒメーカーより少し小柄なぐらいで、場所もとりません。解体式で、お手入れも簡単です!

音が少し大きく、気になる人が多いようですが、手で一本まるまるすりおろすことを考えると相当楽におろすことができる商品です。

→このおろし器についてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月16日現在のAmazonの情報を引用しています。

 

山善(YAMAZEN) 電気大根おろし器 おろしの達人 オレンジ YFB-D250(D)

 

山善(YAMAZEN) 電気大根おろし器 おろしの達人 オレンジ YFB-D250(D)

価格:¥3,062

こちらはおろしカッターがステンレス製で、衛生的です。また、そのまま汁を切るためのプレートが設置されいるので、辛い大根おろしがにがてなひとにもおすすめです。色も白とオレンジがあり、比較的可愛いデザインです。

→このおろし器についてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月16日現在のAmazonの情報を引用しています。

 

お手頃価格で省スペースの手動タイプ

サンクラフト 快菜 スーパー おろし 器 ブラック レッド

サンクラフト 快菜 スーパー おろし 器 ブラック レッド

価格:¥2,073

究極のふわふわ触感、そして、圧巻の削りやすさを体感したい人には、この商品が間違いないでしょう。削った後に水切りも簡単にできるすぐれもので、少しランク上の大根おろしをご家庭でしかも超絶簡単に味わうことができます!!

→このおろし器についてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月16日現在のAmazonの情報を引用しています。

印 おろし専科 DA-1204

印 おろし専科 DA-1204

価格:¥761

コスパ重視で、ハイクオリティな商品、それがこちらのものです。一軒普通のプラスチックのおろし器に見えますが、技術のつまったものです。

ステンレス派の方も、びっくりする樹脂製おろし器の革命を感じるでしょう。

→このおろし器についてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月16日現在のAmazonの情報を引用しています。

 

竹製大根おろし器 鬼おろし

価格:¥2,054ジャキジャキをお好みの方はこの大根おろし器で間違いないです。安心の日本製でクオリティも高いです。少し力を入れる必要がありますが、これまでにない新たな触感で大根というものを美味しく味わうことができるでしょう!

とっての部分は持ちやすく頑丈に加工されているのでがんがん力をいれても安心して使用することができます。

→このおろし器についてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月15日現在のAmazonの情報を引用しています。

まとめ

いかがでしたが?

おさらいをすると大根おろしは触感が命!どちらも好みが大きく分かれるので、両方購入して、違いを楽しむというのもおすすめです!!

夏も冬も汎用性が高い「大根おろし」を是非ともお楽しみ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*