鉄のフライパンは洗剤で洗っても大丈夫?|使用前の油ならしが命!

「鉄のフライパンに洗剤はNG」どこかで聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

洗剤を使わないと洗う時間もかかり、油汚れもきれいに取れた気がせずすっきりしませんよね。

どういう風に洗えば、きれいに虻田汚れが落ちて、フライパンを場が持ちさせることができるのでしょうか?

完全保存版でお届けします!

 

鉄のフライパンは洗剤で洗ってもOK

実は、鉄のフライパンは、使う前のひと手間さえかけておけば洗剤で洗ってもOKなんです。

使用してもいいのは中性洗剤限定で、酸性の洗剤や、塩化物を含んだ溶液などは、錆を発生させやすくなりますので、避けましょう。

使用後は水につけっぱなしにせず、なるべく早く洗うこともポイントです。

では、使う前のひと手間とはどういったものでしょうか?

 

鉄のフライパンは使う前の「油ならし」で決まる

ほとんどの鉄製フライパンは、サビないようにサビ止めの塗装がされています。

しかし、このサビ止めは店で売るときにサビないためのもので、料理への効果は期待できません。

そのため買ったばかりのフライパンには、ひと手間加える必要があります。

それが「油ならし」です。

 

なぜ油ならしが必要なのか?

フライパンに油がなじむと、こげつきにくくサビにくくなります。

これはフライパン表面に小さな穴がたくさんあいていて、この穴に油が入り込むことでフライパンの表面に薄い油の膜がつくられるからです。

また油ならしは、2回目以降の使用の際には不要です。

 

用意するもの

鉄製のフライパン・食用油 約100cc・キッチンペーパー・スポンジ・中性洗剤

 

手順

1.中性洗剤でフライパンを洗う

2.フライパンを温める

「中火」から徐々に「強火」にしていきます。

3.から焼きをする

フライパンの真ん中から徐々に、「紺色or黒色」から「薄い青色」に変色していきます。

全体が薄い青色になるように、フライパンを動かしながら、加熱してください。

4.冷ます

1時間ほどで手で触れるような温度まで下がります。

※くれぐれも、いきなり水をかけて冷やしたりしないでください。熱湯となって飛び散り、やけどの原因にもなりますし、フライパンが変形する原因ともなります。

5.一度洗い流す

フライパンが冷めたら、台所用中性洗剤とスポンジでよく洗います。

水で洗い流した後に、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。

6.油を伸ばす

水分を拭き終わったら、フライパン中に行き渡るくらいのサラダ油を注いで、弱火と中火の間くらいで加熱していていきます。

加熱する際には、フライパンを動かしながら、フライパンの表面に薄くまんべんなく油が広がるようにしてください。

7.煙が出てきたら再び油を伸ばす

加熱していくうちに煙が出てきたら、再びサラダ油を加えていく作業を7〜8回繰り返してください。

※火傷には十分気をつけましょう。

8.完成

この作業が終わったら終了です。こうすることで、分厚い油の皮膜を作ることができます。

焦げつきにくく、サビつきにくいフライパンの完成です。

 

鉄のフライパンを洗うときにおすすめの道具

昔ながらの知恵でこびりつきを落とす「ささら」

ささらは、タワシよりも柄が長いので洗うときに力がいらないのが嬉しいポイントです。

また、熱いうちに使ってすぐ洗いたい場合もてと鍋の間隔が離れるので火傷も防ぐことができます。

ちなみに、テフロンコーティングのフライパンには向かないので鉄のフライパンを洗うときにのみ使用できます。

 

天然竹を細かく割いて束ねてあり、適度なコシと柔らかさで鍋肌を痛めません

2年以上使ってもへたれないとのレビューも。

スポンジやタワシよりも長持ちで経済的です。

 

価格:¥702

【Amazon】パール金属 竹 ササラ 小 を詳しく見る

 

まとめ

 

✔️鉄製のフライパンは「油ならし」をすれば洗剤で洗ってもOK

✔️鉄のフライパンのお掃除には「ささら」が便利

 

いかがでしたか?

テフロン加工のフライパンよりも手間はかかりますが、やっぱり鉄のフライパンで作った料理はカリッと焼けておいしいですよね。

また、一生使えるというメリットもありますので、ぜひ鉄のフライパンを育ててみてください。