使った油を再利用!オイルポットおすすめ8選|【図解】上手な使い方とお手入れ方法も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「揚げ物の油を再利用するためのポットが欲しい!」

「使い方やお手入れの仕方はどうすればいいんだろう?」

そんなお悩みに、わかりやすくイラストを交えながら解説します。

頻繁に揚げ物をしない方は、オイルポットの存在は知っていてもなかなか使う機会はありませんよね。

揚げ油の処理、どうしてますか?

1回で捨ててしまう?それともシンクにそのまま流す?

絶対にNGな行為やおすすめのオイルポットを紹介していますので、ぜひお料理のお役に立てると幸いです。

 

オイルポットとは?

オイルポットとは、一度使った揚げ油を保管しておくためのポットです。

最近では、濾し網やフィルターがついていて、小さな天ぷらかすなどを分離できるものが増えています。

だいたい価格の相場は1000円前後で購入できる、お手頃なものが多いです。

 

油は何回まで再利用できるの?

調理時間や量にもよりますが、だいたい目安として3~4回まで再利用が可能です。

使えば使うほど、油が濁ってきたり、時間が経つと酸化して体にもよくないので、あまり使いまわしすぎないようにしましょう。

A glass jug of extra virgin olive oil next to some fruit on a table

オイルポットの使い方

オイルポットの使い方はとっても簡単!

  1. 使用後の油に残っている、大きな揚げかすを取り除く
  2. キッチンペーパーや漉し器を使用し、細かい揚げかすを取り切る(オイルポットにフィルターがついている場合もあります)
  3. 冷暗所で保管する(空気に触れると酸化が早まります)

しっかりと揚げかすを取り切る理由は、これらが残っていると油が傷みやすくなってしまうからです。

オイルポットのお手入れ方法

  1. 大まかに油をキッチンペーパーや新聞紙で吸い取る
  2. 大きめの桶ににお湯を張る(油の種類によって落ちる温度が違うので熱湯がおすすめ)
  3. お湯に台所用洗剤を適量入れ、かき混ぜる(ヤケドしないよう、ゴム手袋をはめるなどしてください)
  4. フィルターやポットを3.に30分~1時間つけ置きする
  5. 表面を傷つけないように優しくスポンジなどで撫で洗いをする
  6. すすぐ

ポイントは、お湯かけて汚れを落とすこと。

油は融点というのがあって、油が溶ける温度が決まっています。

それよりも温度が低いといくら磨いてもべたっとした感じが残ってしまいます。

 

おすすめのオイルポット10選

 

1.初めて使うならこれ!「パール金属 オイル ポット 1.2L 受皿付 フッ素加工

パール金属 オイル ポット 1.2L 受皿付 フッ素加工

価格:¥991

受け皿や濾し紙などすべて揃って1000円以下!
まずは試しに使ってみたいという方はこちらがおすすめ。
油汚れが落としやすいフッ素加工なので、お手入れも楽チンです!

→このオイルポットについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月17日現在のAmazonの情報を引用しています。 

 

2.匂いや汚れを徹底的に落としたい方は「アイリスオーヤマ オイルポット 活性炭 900ml」

アイリスオーヤマ オイルポット 活性炭 900ml

価格:¥2,954

本格的に油をきれいにしたいかは、「活性炭フィルター」付きのこちらがおすすめ。
活性炭が、揚げかすだけでなくきになる汚れもキャッチしてくれます。

→このオイルポットについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月17日現在のAmazonの情報を引用しています。 

 

3.しっかり密閉するなら「円筒形ステンレス オイルポット」

円筒形ステンレス オイルポット

価格:¥2,595

倒しれてしまっても安心!
酸化も防止する密閉タイプです。
注ぎ口付きなので揚げ油としてだけでなく、普段の炒め物などにも使いやすい形です。

→このオイルポットについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月17日現在のAmazonの情報を引用しています。 

 

4.おしゃれなデザインを重視するなら「オールドファームハウス Sシリーズ ホーローオイルポット」

オールドファームハウス Sシリーズ ホーローオイルポット

価格:¥3,240

臭いが移りにくいホーロー製のオイルポット。
インテリアを重視される方には、生活感のないこちらのポットがおすすめです。

→このオイルポットについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月17日現在のAmazonの情報を引用しています。 

 

5.一人暮らし用なら小さめの「m.design MONO オイルポットmini 0.8L」

 

m.design MONO オイルポットmini 0.8L

価格:¥675

一人暮らしさんには、少し小さめのミニポットがおすすめです。
お手頃価格で少量を入れられるm.designのオイルポット。
収納する際もかさばりにくく、狭いキッチンでも邪魔になりません。

→このオイルポットについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月17日現在のAmazonの情報を引用しています。 

 

6.日本製にこだわるなら「野田琺瑯 オイルポット ロカポ」


野田琺瑯 オイルポット ロカポ

価格:¥4,530

いいものを大切に長く使いたいという方にはこちらのオイルポットがおすすめ。
交換カートリッジ式で、丈夫なホーロー製だから半永久的に使えます。

→このオイルポットについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月17日現在のAmazonの情報を引用しています。 

 

7.淡いピンク色がかわいい「八角琺瑯オイルポット ピンク」

八角琺瑯オイルポット ピンク 

価格:¥4,590

お目が高い、自炊女子にも納得してもらえるかわいいオイルポットです。
ダサいのはいや!そんなこだわり女子も欲しくなるおしゃれなデザイン。
ケトルのような見た目なので、一見油が入っているようには見えません。

→このオイルポットについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月17日現在のAmazonの情報を引用しています。 

 

8.シンプルなデザインでオイルポットに見えない「富士ホーロー オイルポット 1.5L 活性炭カートリッジ付き」


富士ホーロー オイルポット 1.5L 活性炭カートリッジ付き

価格:¥3,396

一見、おしゃれなキャニスターにも見えるオイルポット。
生活感丸出しなのがいや!という方にはこちらがおすすめです。
見た目はシンプルですが、活性炭カートリッジ付きで機能性も抜群です。

→このオイルポットについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月17日現在のAmazonの情報を引用しています。 

 

残った油の処理には凝固剤を使おう

一定回数使用した、古くなった油はどう処理すればよいのでしょうか?

そのままシンクに流していませんか?

環境に悪いだけでなく、排水溝の臭いの原因にもなるので絶対にNGです!

そんな油の処理には凝固剤を使いましょう。

 

コスパ最強の「油処理剤 固めるんです 20g 増量 12本入」

油処理剤 固めるんです 20g 増量 12本入

価格:¥781

植物成分を100%使用し、環境に優しい凝固剤です。
揚げかすも一緒に固めてくれるので、お手入れが楽チンです♪

→このオイルポットについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月17日現在のAmazonの情報を引用しています。 

 

まとめ

✔️油の再利用は3~4回までが目安

✔️お手入れの際は、キッチンペーパーで吸い取り、お湯につけるときれいに落ちる

✔️臭いもしっかり取るなら「活性炭フィルター」付きがおすすめ

 

いかがでしたか?

ただ単にオイルをためておくだけでなく、きれいな油を保ってくれるポットだったんですね。

油は直接シンクに流すと環境汚染にもつながるので、紙で吸い取るか、凝固剤で固めて処分してくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*