ミルクパンおすすめ人気ランキング10選

「ミルクパン」は、小さめで使い勝手がよく、さらにデザインもおしゃれな、日々のお料理に大活躍の片手鍋です。

どんな風に選べばいいのか、どんな使い方があるのか、詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

一番おすすめのミルクパンは「野田琺瑯 ミルクパン ポーチカ」

 

Ft8がおすすめするミルクパンはこちらの「野田琺瑯 ミルクパン ポーチカ」です。

野田琺瑯は、1934年(昭和9年)に創業のホーロー一筋の老舗メーカーです。

職人さんがひとつひとつ手作りしている、安心安全の日本製の製品です。

使い勝手はもちろん、出しっぱなしでも生活感の出にくいデザインは長年親しまれている特徴のひとつです。

 

おすすめポイントは3つ

 

  • お湯は0.7L入るちょうどいい容量
    →だいたい、コーヒーやお味噌汁なら2人分、ゆで卵は2-3個作れる大きさです。
  • 利き手を選ばない両口つき
    →どちらの手でも簡単に注げる両口つきは、左利きの方も安心してお湯を注ぐことができます。
  • ハンドルは熱くならない木製
    →意外と使ってから心地よさを感じるのが、木製のハンドル。ハンドルまで全てホーロー製や銅製のものはおしゃれにも見えますが、やはり熱くなりにくい木製は外せません。頻繁に使うのであれば、木製は使えば使うほど手に馴染んでくる点も、おすすめポイントです。

 

口コミ一覧

IH:不可
 

価格:¥2,295(税込)

 

ミルクパンとは?

ミルクパンとは、名前の通り、「牛乳を温めるための小さな片手鍋」のことです。

とはいっても、実際は、牛乳を温める以外にも、少量のスープを作ったり、離乳食作りにも役立つ万能なお鍋です。

正しい定義はありませんが、口径が約15cm程度で、注ぎ口がついている片手鍋が、一般的なミルクパンとして使われています。

また、似たような鍋でソースパンというのもありますね。

違いを知って上手に活用してみてください。

ミルクパンとソースパンの違いって?|おしゃれなおすすめ6選も紹介!

 

ミルクパンの魅力

そもそもミルクパンは、どういった時に活躍するのでしょうか。

まだ使ったことがない方はもちろん、すでに使っている方もおさらいしてみましょう。

新たな発見があるかもしれません。

ちょっとした調理に便利

ふと思い立って、一人分のスープを作りたい時や、2-3個のゆで卵を作りたい時に活躍します。

筆者も一人暮らしをしていた時は、むしろミルクパンだけでほとんどの調理が賄えてしまうほど重宝していました。

さらにミルクパンを使うと、サイズによっては、作った料理をそのまま冷蔵庫に入れてしまえる点も魅力です。

 

そのまま器としても使える

おしゃれなデザインが多いミルクパンは、そのまま器として食卓に並べても違和感がありません。

 

離乳食作りに欠かせない存在

お子様がいるご家庭では、生後5ヶ月頃から離乳食が始まりますよね。

少量のおかゆや裏ごしした野菜を作る際に、大活躍します。

離乳食を作る際は、トロトロになる前に水分が飛んでしまうことも多いので、蓋付きのものがおすすめです。

ミルクパンの選び方

おしゃれなものが多いミルクパンですが、見た目だけで選んでしまうと、自分の使い方には合わなかったり、サイズ感が違ったりと、使いこなせない可能性もあります。

使用シーンをイメージしながら、ミルクパン選びの参考にしてみてください。

ガスコンロかIHか調理方法を確認する

まず何と言っても先に確認しておくべき点は、普段の調理方法に適しているかどうかです。

ガスコンロをお使いであれば、基本的にどのミルクパンも対応しています。

IH調理器をお使いの方は、IH対応と記載のあるものを使用してください。(主にホーローまたは鉄であることが多いです。)

さらに、オーブン使用をする可能性がある場合は、耐熱ガラス製のものを選びましょう。

このように、具体的な使用シーンがわかっていると素材選びもしやすくなります。

 

使い方や使用環境により大きさや形を選ぶ

まず考えるのが、収納スペースに適しているかどうか。

意外と購入してみるとハンドル部分がはみ出してしまうなど、予想外のトラブルがおきます。

事前に収納スペースや冷蔵庫、調理スペースの大きさに合うかどうかを測っておきましょう

また、底面の大きさや、形が平らなものかコロンと丸みのあるものかもチェックポイントです。

底面が小さいと、弱火でしか加熱できないので、調理に時間がかかります。

底が丸みのあるものだと、デザインはおしゃれですが、やはり不安定なため、小さいお子様のいるご家庭などでは、避けたほうがよさそうです。

 

調理するものにより深さをチェック

案外見落としがちなのがミルクパンの深さです。

深いものは吹きこぼれ防止に役立ったり、浅めのものであれば火が通りやすいなどの利点があります。

水気の多いものを調理する場合は深めのミルクパン、とろっとした水分の少ないものは浅めのミルクパンを選ぶのがおすすめです。

 

煮込み料理には蓋付きのものを選ぶ

グツグツと煮込む料理を作る際は、水分が蒸発してしまわないよう、蓋付きのものを選ぶのがおすすめです。

しかし、かなり選択肢が狭まってしまうことは注意してください。

もしもたまにしか使わないのであれば、落としぶたをするなどして対応してもいいですね。

 

どの片手鍋がいいか迷ったら、ミルクパンに限らず、片手鍋の選び方から解説しているこちらの記事がおすすめです。

片手鍋おすすめランキング|サイズやメーカー別に3社を比較!

 

ミルクパンおすすめランキング10選

では、実際にどの商品がいいのか、ランキング別に掲載していきます。

それぞれ特徴を記載していますので、自分の使い方合ったものを選んでくださいね。

1位 デザインも機能性も妥協しない!「野田琺瑯 ミルクパン ポーチカ」

Ft8がおすすめするミルクパンはこちらの「野田琺瑯 ミルクパン ポーチカ」です。

野田琺瑯は、1934年(昭和9年)に創業のホーロー一筋の老舗メーカーです。

職人さんがひとつひとつ手作りしている、安心安全の日本製の製品です。

使い勝手はもちろん、出しっぱなしでも生活感の出にくいデザインは長年親しまれている特徴のひとつです。

 

おすすめポイントは3つ

  • お湯は0.7L入るちょうどいい容量
    →だいたい、コーヒーやお味噌汁なら2人分、ゆで卵は2-3個作れる大きさです。
  • 利き手を選ばない両口つき
    →どちらの手でも簡単に注げる両口つきは、左利きさんでも安心してお湯を注ぐことができます。
  • ハンドルは熱くならない木製
    →意外と使ってから心地よさを感じるのが、木製のハンドル。ハンドルまで全てホーロー製や銅製のものはおしゃれにも見えますが、やはり熱くなりにくい木製は外せません。頻繁に使うのであれば、木製は使えば使うほど手に馴染んでくる点も、おすすめポイントです。

    IH:不可

価格:¥2,295(税込)

Amazonで詳しく見る

 

2位 コスパ重視なら「和平フレイズ ミニミルクパン」

1000円を切るお値段で、しかもフッ素樹脂加工のくっつきにくいミルクパン。

1位の野田琺瑯よりもデザインは劣ってしまうかもしれませんが、とにかく安く、機能性の高いものを選ぶなら「和平フレイズ ミニミルクパン」がおすすめです。

IH:不可

価格:¥845(税込)

Amazonで詳しく見る

 

3位 IH対応なら「富士ホーロー ミルクパン」

IH対応かつおしゃれなデザインのものをお探しなら「富士ホーロー ミルクパン」一択です。

IH対応のホーロー製品を多く扱っている富士ホーローの製品は、デザインもおしゃれでこだわりのインテリアにもよく合います。

また、外側はネイビーの落ち浮いた色味ですが、中は白色なので、調理具合がひと目で分かるのも嬉しいポイントです。

IH:可

価格:¥3,410(税込)

Amazonで詳しく見る

 

4位 プロ顔負けの銅製ミルクパンなら「和田製作所 プチパン ロングハンドル」

銅製のお鍋は、熱伝導率が圧倒的に高く錆びにくいので、時代を超えてプロに愛されていることが特徴です。

少しお値段が張り、扱いに慣れるまでは難しいかもしれませんが、長く使うこと、本格的な調理を考えられるのであれば、銅製の「和田製作所 プチパン ロングハンドル」がおすすめです。

IH:不可

価格:¥5,076(税込)

Amazonで詳しく見る

 

5位 フタの形がかわいい「ダンスク コベンスタイル ビストロバターウォーマー」

煮込み料理に欠かせない、フタつきのものなら「ダンスク コベンスタイル ビストロバターウォーマー」がおすすめです。

ダンスクは、デンマーク風のという意味があり、北欧デザインの雑貨がお好きな方にはたまらないアイテムではないでしょうか。

ブランドの特徴でもある、十字形に持ち手がついたフタは、一緒に置いておくだけでも気分が上がります。

さらに、このフタはかなり実用的で、鍋蓋としてだけでなく、鍋敷きにもなります。

IH:不可(IHのメーカーによっては可)

価格:¥4,960(税込)

Amazonで詳しく見る

 

6位 軽くて扱いやすい「パール金属 ミルクパン」

軽くて小回りの効きやすいミルクパンなら断然ステンレス製の「パール金属 ミルクパン」がおすすめです。

ステンレス製品は、熱伝導率が高く、サッと調理したい時にも使い勝手がよくおすすめです。

ただし、中身はすぐに冷めやすいので、調理した後は別の器に入れ替えてください。

IH:可

価格:¥784(税込)

Amazonで詳しく見る

 

7位 ずっしりとした安定感のある「ストウブ スモール ソースパン」

安定感のあるこちらの「ストウブ スモール ソースパン」は煮込み料理をじっくり作りたい時におすすめです。

こちらは、注ぎ口がないタイプなので注意してください。

こちらはあらゆる熱源(ガス火、IH、オーブン)に対応していることも特徴です。

IH:可

価格:¥10,277(税込)

Amazonで詳しく見る

 

8位 和風インテリアにも合うつや消しデザインなら「柳宗理 ミルクパン」

クラシカルなデザインが人気の「柳宗理 ミルクパン」。

なんといっても、無駄のない用の美の確立と、さらに日本の食卓シーンにマッチした見た目はどのご家庭にも取り入れやすいミルクパンです。

IH:不可

価格:¥4,758(税込)

Amazonで詳しく見る

 

9位 意外と少ない目盛りつき「タケコシ ミルクパン」

意外と便利であまり見かけないのが目盛りつきのミルクパンです。

タケコシ ミルクパン」は目盛りを使うような液体の調理に適した、深さと丸みのある形が特徴です。

IH:不可(IHのメーカーによっては可)

価格:¥1,531(税込)

Amazonで詳しく見る

 

10位 映画に出てくるような北欧デザインの「ルネ・デュー琺瑯ミルクパン」

特徴的な北欧デザインは、映画に出てきそうな、置いてあるだけで幸せになれますよね。

北欧デザインの嬉しい点は、意外と和風なインテリアにもマッチすること。

さりげなく取り入れてみると、キッチンがパッと明るくなりますよ。

IH:不可

価格:¥3,672

Amazonで詳しく見る

 

ミルクパンを長く使うための注意点

ミルクパンを長く大切に使うために、いくつかの注意点があります。

基本的に、お鍋の中は優しく柔らかいスポンジで洗いましょう。

逆に外側のコゲは、クレンザーやタワシでしっかりと汚れを落とすことが大切です。

また、木製ハンドルの片手鍋は、火の大きさに注意してください

鍋の底面よりも火力が大きくなってしまうと、ハンドル部分がコゲてしまったり、最悪の場合が家事になることも想定されます。

正しい火力でお使いください。

調理方法として、電子レンジを思い浮かべる方もいるかもしれませんが、基本的にミルクパンは電子レンジでの使用はNGです。

 

まとめ

✔️おすすめのミルクパンはデザインも機能性も文句なしの「野田琺瑯 ミルクパン ポーチカ

✔️ミルクパンとは口径が約15cmで注ぎ口がついたものを指すことが多い

✔️使用シーンや容量をイメージして正しく大きさや形を選ぶと長く使える

いかがでしたか?

ミルクパンは日々のちょっとしたシーンで取り入れやすいアイテムですが選び方を間違えると、使い勝手が悪くなってしまいます。

自分の使い方や環境に合わせてお気に入りのミルクパンと長く付き合ってみてくださいね。