オフィス用マグカップおすすめランキング10選|贈り物にも、自分用にも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「オフィスで使うマグカップを新調したいな。でもどれがいいんだろう?」たかがコップ、されどコップ。長く毎日使うものだからお気に入りを手元に置いておきたい。しかし、サーモス、マリメッコ、アラビア、キントーなど、たくさんのメーカーから、プラスチックから陶器まで様々な商品が販売されているのでどれを選んだらいいか悩んでしまいますよね。
そこで今回は、マグカップを選ぶポイントと通販で購入出来るおすすめの商品をランキング形式で発表していきます。取っ手付きで、仕事をしながらでもすぐにドリンクが飲めるマグカップは、意外と奥深くきちんと選ぶと使い勝手もよく、毎日オフィスで使うのが楽しみになりますよ。




 

1.マグカップの選び方

1-1.あなたにぴったりな素材を選ぼう

使い心地を左右する大きなポイントが、素材選び。それぞれ違うメリットがあるのでしっかりチェックしていきましょう。

猫舌さんには「プラスチック」がおすすめ

保温性は劣りますが、ドリンクが適温まで冷めやすく、さらに唇に当てても熱くないのが一番の魅力です。またレトロな雰囲気やアメリカン雑貨のデザインが好きな方にもおすすめです。

デザイン重視の方には「陶磁器」が手触りもよくおすすめ

マグカップの王道の陶磁器ですが、やはり、手触りと口当たりがいいのがポイント。また、ざらっとした土ものの陶器とつるつるとした高級感のある磁器、お好きな方を選んでみてください。

ハーブティーなど色を楽しみたい方は「耐熱ガラス」

仕事中もおしゃれでいたい、こだわりを持っていたい、そんな女性にはガラスがおすすめ。近年は、耐熱だけでなく、電子レンジにかけられる優れものも登場しています。

保温性が高いのは「ステンレス」

やはり、温かいものや冷たいものを美味しい状態で飲めるのはステンレス。機能を重視したい方におすすめ。また、茶渋が目立ちにくいのもいいところ。

1-2.倒れにくい形を選ぼう

底が小さいものは一見おしゃれですが、オフィスで使う場合には向いていません。「倒してしまい、PCが壊れてしまった。」なんてことがないように、ここは底が大きめのしっかりと

1-3.フタは本当に必要かを考えよう

いくつかのおすすめ記事では、フタが重要だと書かれていますが、個人的には、本当に必要かどうかは使い方によると思います。そこで、フタありとなしのメリット・デメリットを見てみましょう。
メリット:倒れても安心、保温性が高まる
デメリット:おしゃれさに欠ける、パッキンの洗浄が面倒

2.おすすめのマグカップ10選

2-1.人気ブランドBEST5

1位 marimekko

 

2位 hasami

 

3位 アラビア

4位 イッタラ

 

5位 ルクルーゼ

2-2.機能性重視の方におすすめしたい、使ってわかったBEST5

<究極にシンプルなグラスマグ>
無駄を削ぎ落とし、必要なものをしっかり機能させた耐熱グラス。電子レンジにもかけられるので、ちょっと会議が長引いてしまったときにも、お気に入りの紅茶の温め直しができます。

 

<瞬乾!こういうのが欲しかった、幸せのマグ>
衛生面がきになる女性必見。乾きやすさを徹底的に追及したマグ。共有のふきんを使うことに抵抗があるという意見は43%。もう普通のマグカップには戻れません。

 

<休憩時間に自分でドリップして、午後に備えよう>
コーヒー好きにはたまらないアイテム。ドリップしているあの時間は、なんとも言えない至福のひととき。5分あれば、淹れたてのコーヒーが飲める優れもの。

 

<おいしい紅茶をオフィスでも>
本格的なプレスでおいしい紅茶を簡単に。忙しい仕事の合間にも、お気に入りの茶葉で、ほっと一息。頭を切り替えられて、新しいアイディアも湧いてくるかもしれません。

 

<温かいものは熱を逃がさず、冷たいものをキーンと冷やす>
二重構造で保温効果は抜群。アウトドア好きのあなたに。

3.長時間の保温には、タンブラーがおすすめ!

外回りの営業が多い方や、通勤時間が長い方には、タンブラーもおすすめです。マグカップよりも容量が多く、フタがしっかり閉まるものが多いです。通勤途中のコーヒーショップでは、タンブラーを持参してデキる女性を演出。

4.まとめ

✔「プラスチック」「耐熱ガラス」「陶磁器」「ステンレス」の4つからお気に入りの素材を選びましょう。
✔長時間の保存ならタンブラーもおすすめ。
いかがでしたでしょうか?意外とじっくり選んでみると奥深いマグカップ。季節によって、種類を変えて楽しむのもいいですね。お気に入りのマグカップが見つかり、明日からのお仕事の活力になれると幸いです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*