ロッジのスキレットを使いこなそう!必要なサイズをわかりやすく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「おしゃれなロッジのスキレットが欲しいけれど、サイズが色々あってどれを買えばいいか分からない。」

わたしも実際にロッジのスキレットが欲しいと思ったのですが、今まで使ったことがないタイプの器だったので、それを選べばいいのかよく分かりませんでした。

そこで今回は、シーンやお料理、人数別にわかりやすく解説していきます。

 

気になるサイズを徹底解剖

まず、ロッジの製品には「キャストアイアン(鋳鉄)」「カーボンスチール」「エナメルキャストアイアン」の3つのタイプがあります。

【キャストアイアン】

キャストアイアン(鋳鉄)の最大の特徴は、熱をゆっくりじっくり伝えること。素材への火の当たりが柔らかくじっくりとむらなく加熱でき、旨味をぎゅっと凝縮しながら調理できます。シーズニング済みですので、お湯で洗っていただければ面倒な慣らし作業無しにすぐに快適にご使用いただけます。

浅いスキレットから深めのものまで、すべてこのシリーズで取り扱われています。

本記事で扱うのはこのシリーズです。

 

【カーボンスチール】

カーボンスチールは熱伝導の良い鋼素材です。高温で短時間の調理に向いており、魚料理や野菜のソテーなどに最適です。3mmと充分な厚みにより、蓄熱効果も高く短時間で温まるため扱いやすく、キャストアイアン(鋳鉄)と比べて軽量なことも魅力です。シーズニング済みですので、お湯で洗っていただければ面倒な慣らし作業無しにすぐに快適にご使用いただけます。

どちらかというと、日本語で言う「鉄フライパン」はこちらのシリーズです。

なので今回の比較対象には入りません。

 

【エナメルキャストアイアン】

本来の重厚な鋳鉄の鍋にエナメルコーティングを施した新シリーズ。2層にガラスコーティングされたエナメルダッチオーブンは手入れのしやすさだけでなく、熱伝導と保温性に優れています。

つまり、手入れがしやすく保温性も高いお鍋がこのシリーズです。

こちらはそもそもスキレットではないため、比較対象には入りません。

 

【ミニチュアスキレット】きれいな目玉焼きがつくれる

想定される使用シーン:目玉焼き器・キャンプスイーツの調理・朝食のおかず

小さすぎるため、頻繁に使用するためのスキレットとしてはあまり向いていません

コンロで調理する際には大きさが足りないため、焼き網の上に乗せてください。

スキレットというより、目玉焼き器としての使用が多くなりそうですね。

ロッジのキャストアイアン製品が気に入り、試しにこちらも購入してみました。
残念ながら我が家のIHは反応せず、しばらくはソースを入れたり、サプリ等の容器として。
そして最近は、キャンドル台として活躍してくれてこれはとても可愛いです。
思いつく使い道があればお勧めできますが、3.5インチであることにはご注意ください。

 

【Amazon】ミニチュアスキレット を詳しく見る

 

【6.5インチ】スキレットデビューにおすすめ

想定される使用シーン:一人分のおかず・アヒージョ・パンケーキ

 

どれにしようか迷っている方には、このサイズがもっとも使いやすくておすすめです。

まず手始めに使い勝手を試してみたいという方は、こちらのサイズがいいでしょう。

さまざまな用途で活躍し、毎日使いたくなるサイズです。

お手入れはちょっと手間ですが、アヒージョが美味しく作れます!冷めてしまってもまた火にかけられるし、食べた後に材料を追加して、もう一回楽しむ事もできます。オーブンにそのまま入れられるので、ホットケーキやダッチベイビーも美味しくできました。

【Amazon】スキレット 6.5インチ を詳しく見る

 

【8インチ】2人暮らしの大皿として

想定される使用シーン:餃子2人前(10コ)・目玉焼き3コ分・2人分のおかずの盛り皿

2人暮らし、または男性の1.5人前のおかずが作れる少し大きめのスキレットです。

女性なら、夜ご飯のおかずと翌日のお弁当のおかずを一気に作ってしまえるくらいの大きさがあります。

【Amazon】スキレット 8インチ を詳しく見る

 

【9インチ】食パン1枚がぴったり入る大きさ

想定される使用シーン:3人以上のお料理・フレンチトースト・ダッチベイビー

 

9インチか10インチか悩み、小さめのフライパンが欲しかったので9にしました。
4人分の目玉焼きも、熱伝導率がよいので
すぐに焼けて、こびり付きもなし。
玉子焼もキレイに焼けるし、何とか持ち上げられる重さで、毎日使っています。

 

【Amazon】スキレット 9インチ を詳しく見る

 

【10.5インチ】一般的なフライパンとして使いやすい大きさ

想定される使用シーン:4人分の調理・一般的なフライパン・ステーキ・ピザ・

通常のフライパンとして使える大きさが10.5インチサイズ。

しかしながら、普段お使いのものに比べると重いため少々操作性が悪いかもしれません。

フライパンを振らなくてはならないチャーハンなどのお料理よりもじっくり焼くお料理の方が向いています

手入れは大変ですがその分、愛着が出てきて気に入っています。はじめて使用する方はしっかりとお手入れ方法を確認し使用しないと錆びたり痛んだりします。私も初めはお手入れを簡単に考えており使用後2時間ほど放置しただけなのに錆が出てしましました。使用後は多くの方がネット上で記載しているようにお手入れをすることをおすすめします。私はまだそれほど使用しておりませんが他のベテランの方の意見だと使えば使うほどに料理もおいしくなるそうです。
大きさはかなり悩みましたが他の方のレビューにあるように4人家族くらいならこのサイズで丁度良かったと思います。人数が少ないなら小さい方が重たくないし(通常のフライパンと比較してもかなり重たいので、特に蓋も含めると)、場所をとらないので良いかと思います。

【Amazon】スキレット 10.5インチ を詳しく見る

 

【12インチ】アウトドアで豪快なお肉料理

想定される使用シーン:ホームパーティー・ステーキ・バーベキューのパエリア

3kgを超えるこちらのスキレットは、ご家庭での普段使い用というよりも、ホームパーティーや野外アクティビティでの使用がメインです。

大きな肉をそのまま豪快に焼いたり、バーベキューで作るパエリアなど、大人数での使用に最適です。

料理の仕上がりは、上々です。少々重いのは仕方ないですね。このサイズでは、女性向きではありません。

【Amazon】スキレット 12インチ を詳しく見る

 

まとめ

いかがでしたか?

お手入れも楽で100年以上使えるロッジのスキレット。

ぴったりで使い勝手のいいサイズをゲットしてみてくださいね。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*