韓国のおしゃれな食器を使ったテーブルコーディネート3選|北欧食器にも合わせやすい!

韓国の食器が、意外とおしゃれでインスタ映えするって知ってましたか?

もしかすると、日本にいながらも韓国料理屋さんなどで見かけたことがあるかもしれません。

だけど、韓国料理屋さんで見かけるときは、そんなにおしゃれに見えるわけでもないですよね。

しかし、組み合わせを変えるだけで、とっても簡単におしゃれな食卓になる魔法のアイテムだったんです!

今回はInstagramで、韓国食器をおしゃれなテーブルコーディネートに取り入れているみなさんの例を参考にしてみましょう。

さらに、韓国ではなぜステンレス製の食器が使われているのかも後半部分で解説しています。

これを読めば、あなたのマンネリ化した食卓もちょっと小粋なおしゃれ空間に早変わり!

 

韓国の食器ってどんなのがあるの?

まず、基本的な3つの食器を覚えておきましょう。

名前の響きがとてもかわいくて、思わず口ずさんでしまいそうになりますよ。

 

スッカラ

スプーンのこと。

ビビンバを注文した時に出てきたことはありませんか?

洋食器に比べ、柄が細くて長く、口に入れる皿の部分が丸くて浅いのが特徴です。

韓国では、ご飯もスープもスッカラですくって食べるのが主流です。

柄が長いため、熱いものを食べる際に、湯気があたって手が熱いと感じにくくておすすめです。

 

 

【Amazon】スッカラをもっと見る

【楽天】スッカラをもっと見る

 

チョッカラ

お箸のこと。

ステンレス製で平たいのが特徴。

最近では、割り箸や日本のお箸も使われていますが、やはりメインはステンレス製です。

はじめは重く感じるのですが、慣れると、重さのおかげでお魚などを切りやすい、掴みやすいと感じる時がありますよ。

【Amazon】チョッカラをもっと見る

【楽天】チョッカラをもっと見る

 

 

クックルッ

フタ付きで出てくることが多いクックルッは、ご飯茶碗のこと。

ステンレス製の真空二重構造で冷めにくく、素材もステンレス性で陶器のように割れないことが特徴です。

おしゃれに使うなら、ご飯以外にもおやつや果物を入れる器として使ってもいいですね。

 

【Amazon】クックルッをもっと見る

【楽天】クックルッをもっと見る

 

 

韓国食器を使ったおしゃれなテーブルコーディネート3選

 

スッカラは、和食器との相性も抜群

ドライカレー、和食器、スッカラとそれぞれ雰囲気は違うのに、こうしてまとめてコーディネートしてみると、とても馴染んでいますよね。

和食器を取り入れたすてきなおうちご飯を投稿されている投稿者のま み‪ ご は ん(@s_kunimami)さんにインタビューして使い勝手をお伺いしました。

(スッカラは)大皿料理を取り分ける際のサーバーとしても活躍してくれます!むしろサーバーとしての使用頻度が高いです。平らな形状が、料理をすくい取り易いです!

‪ ま み‪ ご は ん ꕤ*.゚さん(@s_kunimami)がシェアした投稿

 

スイーツも一味違った雰囲気に

洋食器のデザート用スプーンは、なんだか冷たくて無機質な感じがしますが、スッカラを取り入れるとほっこり感が増しますね。

また、マットなゴールドというのもチープな感じが軽減されて、こだわりが見られますね。

「まずはちょっと試してみたいな。」という方にはこのような小さめのスッカラがおすすめです。

@erimekko_がシェアした投稿

 

お寿司との相性もバッチリ

北欧食器にお寿司、そこに韓国の食器であるチョッカラといろんな国の要素がたくさん詰まっても違和感がないテーブルコーディネートですね。

ステンレスは酸に強いので、お寿司などお酢が使われているものも安心して使えます。

mayupyさん(@mayupy0620)がシェアした投稿

 

北欧風のデザインにもぴったり

ぱっと目を引くターコイズブルーの粉引きの器に、主張しすぎない細い柄のスッカラが似合いますね。

洋風の豪華絢爛なスプーンよりもシンプルで落ち着いた感じがでますよね。

marinaさん(@mar1nasu)がシェアした投稿

 

なぜ韓国の食器はステンレス製なの?

上で紹介した3つの食器は、基本的にすべてステンレス製でしたね。

でも、熱いビビンバやラーメンを食べる時はヤケドしそう…。

なぜ、ステンレス製の食器が主流になったのでしょうか?

気になったので、韓国に住む、現地の友人に聞いてみました。

 

ステンレス製の食器が使われるようになった理由は「歴史的背景」にありました。

そもそも庶民の間でステンレス製の食器が使われるようになったのがたった40年程前だそうです。

それまでは、白い磁器の食器を使っていました。

一方で、上流階級の人たちは銅製や銀製の食器を使っていたのですが、それは「毒殺されないため」だったそう。

王や貴族を暗殺しようと目論む人がいて、毒を盛られた場合でも、食器が反応して変色すると一目瞭然、暗殺を防げるという理由でした。

月日が流れ、庶民がステンレス製の食器を使うようになった理由は、「キラキラしていてかっこいい」という憧れからだったそうです(笑)

まとめ

✔️韓国の食器を取り入れるなら「スッカラ=スプーン」「チョッカラ=お箸」「クックル=お茶碗」を揃えてみよう

✔️スッカラは、取り分け用のサーバーとしても便利

✔️ステンレス製の食器を使う理由は「盛られた毒を検知するため」の食器のなごり

 

いかがでしたか?

スプーンやお箸はマンネリ化しがちですが、国が変わればまた新たな発見がありますね!

ぜひ、テーブルの上で世界旅行を楽しんでみてくださいね♪