鉄のフライパンが人気の理由とおすすめランキング5選

鉄のフライパンが人気の理由3つ

1.とにかく火の通りがいいのでカリッと焼ける

お肉なら表面はカリッと中はジューシーに焼き上げることが可能です。

鉄製のフライパンは熱伝導率がいいため、中の具材に火が通りやすく中火での調理がおすすめです。

また、通常、フライパンには”空焚き禁止”という表記がありますが、これでは「煎る」という作業ができません。

ナッツやお茶の葉、乾物を再度カラッとした状態にするためにも鉄製のフライパンが必須です。

person cooking meat on bonfire near shoreline

 

2.キズに強くて丈夫

テフロン加工のフライパンは、意外とデリケートなので、”鋭利なもので傷つけないでください”との注意書きがあります。

意外とこのデリケートさがあなたのお料理の幅を狭めているかもしれません。

トングで炒め物をしたり、こびりつきやすいソース系のお料理をステンレス製のヘラで炒めるなんてことも可能です。

またお手入れの際には、たわしでゴシゴシ洗っても大丈夫です。

 

3.フライパンの寿命が長い

くっつきにくくて便利なテフロン加工のフライパンをお使いの方は、“フライパン=消耗品”というイメージがありませんか?

だいたい2~3年使うと焦付きやすくなったり、底が変形してきたりと買い替えを検討せざるを得ませんよね。

しかし、鉄製のフライパンなら半永久的に使えます!

なぜなら、万が一焦げ付いても、錆びてしまっても復活可能だからです!

 

焦げや錆びのお手入れ方法については、こちらがとても参考になります。

鉄製フライパンの焦げ付きを手入れして新品同様に再生復活させる方法

 

人気の鉄製フライパンおすすめランキング5選

今回は、Ft8読者の一人暮らしさんでも使いやすい25cm前後の商品を掲載しています。

4人家族などでもう少し大きいものが必要な場合は、購入ページにて大きいサイズを選んでください。

 

1位 リバーライト 極

価格:¥6,400

この「極」のフライパン、なんといってもお手入れの手間がかからないことがポイント!

サビやすかったり、定期的なメンテナンスが必要なイメージが強い鉄製のフライパン。

そんな面倒な鉄製フライパンは、忙しくはたらく女子のみなさんには、なかなか手が出しにくい強者。

「もっと手軽な鉄製フライパンが欲しい!」そう思ったあなたにはこれしかありません。

毎日手入れをしてフライパンを育てるという感覚が好きな方もいますが、とにかくいいとこ取りだけしたいというワガママ女子のお悩みにもお応えしています!

 

使用して半年になります。
お手入れも簡単ですし、焦げ付く事もなくとても満足してます!
文句なしの星5つです!!

 

時間がないときは水に浸けて放置することもありますが,24時間ほど浸けっぱなしでも全く錆びてないです!
揚げ物にも使用でき,とても重宝しております.

 

【Amazon】リバーライト 極 26cmを詳しく見る

 

2位 柳宗理 鉄フライパン

 

価格:¥3,743

「暮らし」系のインスタグラマーの中でも高い人気を誇る柳宗理。

この鉄フライパンは、シンプルでインテリアとの馴染みやすさを追求するだけでなく、ファイバー加工された表面でくっつきにくさも考慮されています。

また、煮汁などを注ぐ際に便利なそそぎ口が左右についているので、右利き左利きどちらでも使えます。

 

IHで使用してますが、まずフライパンの形が、お湯を捨てるときや、お皿に盛るときに便利です。
左右両方が「く」の字型になっているので右利き左利きどちらの方でも使いやすいと思います。

後、フタを回転させるだけで隙間を作ることができるので、
フタをずらしたためにフタの部分が汚れてしまった、ということがないので便利です。

鉄のフライパンということで、洗ってちゃんと拭く、油をしっかりという日常のお手入れさえ
サボらなければくっつくこともなく快適に使用できます。

 

デザインも大好きで持っているだけで嬉しくなってくるのですが、何回か使っているうちに
調理しているものがひっつくようになってしまい… ついテフロンのフライパンばかり使ってしまいます。 でも、諦めずに仲良くやっていこうと思っています。

 

【Amazon】柳宗理 鉄フライパン 25cm を詳しく見る

 

3位 turk クラシックフライパン

 

価格:¥9,380

ザ・鉄のフライパンを使いたい方にはこれがおすすめです。

「ちょっと面倒な油ならしや日々のお手入れも、このかわいいビジュアルなら許しちゃう!」

そんなあなたはこれを選びましょう。

こだわりの強いあなたは、ちょっと妥協してダサいものを選ぶより、ちょっと手間をかけても長く付き合えるものを選ぶのが正解です。

turkは、熟練した鍛冶職人のアルバート=カール・タークが1857年にターク社を創業。鉱山のあるルール地方、ドイツの鉄製品製造の中心地に工場を構え、代々技術を 受け継ぐ職人によりクラシックなフライパンを作り続けています。

 

二人暮らしの我が家のフライパンは、
タークのクラシック 24㎝です。

継ぎ目のない一体型のフライパンが欲しくて
職人が、150年間変わらぬ製法で作っている
というところに惹かれて購入しました。

テフロン加工のフライパンと比べると、
驚くほど、どっしりと重たいです。
しかし熱伝導が良く、保温性があり、
食材が美味しく仕上がります!!
たくさん使って馴染ませて
我が家だけのフライパンに
なってくれますように。

 

【Amazon】turk クラシックフライパン 24cm を詳しく見る

4位 デバイヤー 鉄フライパン

価格:¥4,766

本場フランスで製造されている鉄フライパンは、一流のシェフたちからも厚い信頼を集めています。

1830年創業の200年近く受け継がれている熟練の技術を結集した高品質なフライパンです。

ただしお手入れを怠ると、他の鉄フライパンに比べてこびりつきやすいようです。

 

I’ve used this for over a month. I seasoned it day 1, and it’s never stuck. Great pan.

-1ヶ月ちょっと使っていますが、1日目に油ならしをしたので全くこびりつきません。いいフライパンです。

 

サイズは思っていた通りでしたが、しっかり油をひいてもくっつきます。
改善した方がいいですね。
シャレてて大きさも気に入っただけに残念。

 

【Amazon】デバイヤー 鉄フライパン 24cm を詳しく見る

 

5位 ロッジ スキレット

価格:¥2,340

「いきなりメインのフライパンを鉄製に変えるのは不安。」

という方は、スキレットをサブのフライパンにしてお試し期間を設けるというのもひとつです。

まずは朝ごはんのウインナーから試してみてください。

虜になること間違いなしです。

 

買ってよかった!!
IHで使用していましたが問題なし。
普通の目玉焼きや野菜炒めが美味しそうに見えるから不思議。
これで餃子を焼いてもとても美味しかったです。
このまま食卓に出してもOKなサイズとデザインがとても好きです。

 

【Amazon】ロッジ スキレット 21cmを詳しく見る

 

まとめ

✔️人気の理由は「火通りのよさ」「傷つきにくい表面」「一生モノ」といった3点です。

✔️「リバーライト 極」なら鉄フライパンのいいとこ取りでズボラさんでも使いやすい。

✔️いきなりメインのフライパンを鉄製に変えるのが不安ならスキレットを使ってみて。

 

いかがでしたか?

置いてあるだけでも、インテリアがぐっとおしゃれに見える鉄フライパン。

ちょっとお手入れが面倒だなあと思っていたあなたも、これで鉄フライパンデビューができそうですね!

ぜひこれを機に、一生モノを調理器具デビューをしてみましょう。