おしゃれなデザインのかき氷機8選|選び方とおいしいかき氷をつくるコツも紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「おしゃれなデザインのかき氷が欲しい!」

「おしゃれなのはいいけど性能はどうなの?」

暑い時期のかき氷は、たまらなく美味しいですよね!

かき氷なんて子供っぽい?いえ、そんなことはありません。

最近は大人向けのかき氷機が流行っているんです!

ぜひ今年はかき氷に梅酒やウィスキーなどをかけて大人なかき氷を楽しんでみてください。

 

かき氷機の選び方のポイント

電動式か手動式かは一番大切なポイント

それぞれの特徴やメリットデメリットを解説します。

【電動式】

誰でも楽に削れるのが一番のポイント。

またコード式とコードレス式の2タイプがあります。

アウトドアで使用を考えている場合は電池で動くコードレス式を選びましょう。

さらにワンタッチで削れるものと上部を押し込むタイプがあります。

ワンタッチのものは高価なので予算と相談しながら決めましょう。

 

【手動式】

安価で手軽に買える手動式。

電動式よりも削るのに労力が入りますが、みんなで楽しくかき氷をつくるのも悪くないですね。

使える氷の種類を確認しよう

意外と見落としがちなポイントです。

かき氷機には、家庭用の氷で作れるものと、専用のケースで作った氷が必要なものがあります。

専用のケースで作った氷はとても綺麗にムラなく本格的に出来上がりますが、

一度に作れる数が限られてしまったり、冷凍庫のスペースを奪ってしまったりというデメリットもあります。

お家の冷凍庫の大きさや、かき氷をつくる頻度に合わせて選びましょう。

 

【電動式】おしゃれなデザインのかき氷機5選

 

1.大人女子会にはコレ「大人のかき氷機 シャンパンゴールド

大人のかき氷機 シャンパンゴールド

価格:¥3,975

ハンディタイプだから片力入らずで片手でも削れます。

単三電池4本を使用するコードレスを実現。

場所を取らずスタイリッシュで、作動音も静かなところが一押しポイント。

→このかき氷機についてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月8日現在のAmazonの情報を引用しています。

 

2.スタイリッシュなダイヤルがワンポイント「ドウシシャ 電動 わた雪かき氷機」

ドウシシャ 電動 わた雪かき氷機 

価格:¥7,349

ヒーターを搭載しているので、お店のようにふわふわのかき氷を作ることができます。

使わない時は上部を外すとコンパクトに収納することが可能です。

→このかき氷機についてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月8日現在のAmazonの情報を引用しています。

 

3.北欧デザイン好きなら「Toffy 簡単電動 かき氷機」

 



Toffy 簡単電動 かき氷機

価格:¥2,977

氷の食感を「フワフワ」と「ガリガリ」から選べるのがこのかき氷機の魅力。

電動ですが、ちょっと力がいるとのことで3位にランクイン。

→このかき氷機についてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月8日現在のAmazonの情報を引用しています。

4.北欧デザイン好きなら「ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪  かき氷機

 



ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪 かき氷機

価格:¥2,977

氷の食感を「フワフワ」と「ガリガリ」から選べるのがこのかき氷機の魅力。

電動ですが、ちょっと力がいるとのことで3位にランクイン。

→このかき氷機についてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月8日現在のAmazonの情報を引用しています。

 

5.ワンプッシュでふわふわもシャリシャリも「山善 ミルスノー」

山善 ミルスノー

価格:¥3,942

力入らずでワンプッシュで作れちゃうのがいいところ。

ネジで歯の位置を調整するだけで2段階のフワフワもシャリシャリも選べます。

→このかき氷機についてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月8日現在のAmazonの情報を引用しています。

【手動式】おしゃれなデザインのかき氷機3選

1.レトロなデザインなら「手動ふわ雪かき氷機」

 



手動ふわ雪かき氷機

価格:¥4,100

電動の方が楽だけど、やっぱり自分で作ったかき氷はおいしさ倍増!

みんなでワイワイいいながらかき氷を作ってみてはいかがでしょうか?

→このかき氷機についてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月8日現在のAmazonの情報を引用しています。

2.スタイリッシュな手動かき氷機「かき氷機 YukiYuki」



かき氷機 YukiYuki

価格:¥3,570

手動のかき氷機でも、こんなにおしゃれなものがあるんです。

さらに手動タイプには珍しい、氷の粗さを選べる調節ダイヤルつき。

→このかき氷機についてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月8日現在のAmazonの情報を引用しています。

 

3.本格派には「貝印 かき氷機 ブラック」


貝印 かき氷機 ブラック

価格:¥9,980

スタイリッシュでかっこいい雰囲気をお求めの方にはこれ。

かき氷機の概念を覆すモダンなデザインは、シンプルなインテリアにもぴったりです。

→このかき氷機についてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月8日現在のAmazonの情報を引用しています。

 

おいしいかき氷をつくるコツ

✔️かき氷はほぼ100%、水で決まる。天然水やミネラルウォーターで氷を作る

→特に日本人の口に合うのは軟水。

✔️冷凍庫から出してすぐの氷ではなく、常温で15分ほどおいたものを使う。

→出してすぐのものを使うとジャリジャリとした食感のかき氷に。

✔️器は使用する前に冷蔵庫や冷凍庫で冷やしておく。

 

いかがでしたか?

いくつになっても、自分でつくるかき氷はおいしいですよね。

お店の本格かき氷はもちろん、家族や友人と楽しく食べるのが一番のおいしさの秘訣かもしれません。

そんな筆者は今日、この夏初めてのかき氷を「大人のかき氷機」で作って食べました。

皆さんも、今年の夏はおしゃれなかき氷でかき氷を食べて、暑い夏を乗り越えてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*