ハニーディッパーのおすすめ人気ランキング9選|これで無駄なくきれいにはちみつをかけられる

あま~いはちみつをすくうための、棒状のアイテム、ハニーディッパー。「おしゃれだけど、どれがいいのか分からない。おすすめを教えてほしい。」そうお悩みではありませんか?たくさんの種類があっても、実際に登場機会の少ないハニーディッパーはどれを選べばいいのか悩みますよね。実は、はちみつをおいしくかけるための必須アイテムにも選び方のポイントがあります。

また、木製やシリコン製などいろんな素材でさまざまなデザインのものが発売されていますので、じっくりと選んでいきましょう。後半部分では、やっかいなお手入れが一発で解決する洗い方も載せています。このページだけで、あなたのはちみつライフがグンと上質になるでしょう。

 

 

はちみつをかける方法はハニーディッパーとハニーディスペンサーがある

はちみつをかけるための専用器具には、ハニーディッパーとハニーディスペンサーがあります。

それぞれの違いを説明しながら、選び方やおすすめのアイテムをご紹介します。

ハニーディッパーの選び方

ハニーディッパーとは、はちみつを効率よくすくうための、先が丸まった棒状のものを指します。
スプーンを使うよりも、溝の部分にひっかかりやすくさらっとしたはちみつも簡単にすくうことができます。

 

素材は金属製を避けよう

はちみつは金属が触れると、マヌカハニーに含まれる成分・メチルグリオキサールの活性力が弱まる可能性があるため避けたほうがベターです。
代わりに、木製や陶磁器、プラスチック製のものがおすすめです。

 

先端の大きさは容量に合わせて選ぼう

一人用であれば、小さめがおすすめです。
また、瓶の大きさもチェックしてみてください。
買ってみたけれど、瓶に入らなくて困った・・・というようなことにならないようにしましょう。

 

ハニーディスペンサーの選び方

ハニーディスペンサーは、たくさんの量をかけたり、瓶から移し変えて保存することに適しています。
また片手でかけられ、量を調節できることも魅力です。

 

注ぎ口を選ぼう

容器の底からはちみるが出るタイプ注ぎ口をスライドさせるタイプがあります。
これはデザインの好みで選んでしまって問題ないでしょう。

 

保存環境によって素材を選ぼう

はちみつは直射日光にあたってしまうと品質が変化してしまうため、どうしても棚などに収納できない場合は陶器製がおすすめです。

 

耐熱温度を確かめよう

保存場所の気温が14℃以下になる場合は、はちみつを湯煎し元通りにしてから使用する必要があるため、湯煎ができる保存容器を使いましょう。

約40~45℃に耐えられるものを選んでおけばOKです。

 

ハニーディッパーのおすすめ人気ランキング5選


1位 軽さと長持ちするオリーブの木が魅力

【価格】¥1,860

【詳細】

  • 本体サイズ:約15×3cm
  • 本体重量:約18g
  • 素材・材質:オリーブ(天然木)
  • 生産国:アルバニア
【カスタマーレビュー】
ハニーディッパーという名前があるのをAmazonで検索して知りました。。。これに憧れを持つ母にプレゼントしました。とても良い木の香りがして、高級感あります。中国経由の安いのとかなり迷ったですが、良いもの選んで良かったです!

詳細を見る

 

 

 

2位 ガラス製がおしゃれなハニーポットセット

【価格】¥1,399

【詳細】

  • サイズ(約): 14.5 x 8.5 cm
  • 材質:ガラス
【編集長コメント】
ポットがセットになっていておしゃれなデザインですね。
そのまま食卓に出せるのもうれしいポイント。

詳細を見る

 

 

【価格】¥208
【詳細】
  • 色:ランダム
  • サイズ:約16cm×2.5cm
【編集長コメント】
シリコン製はなんといっても洗いやすさがピカイチ。
日常使いにおすすめの一品です。

詳細を見る

 

【価格】¥1,296

【詳細】

  • サイズ:(約)幅8.5×奥行8.5×高さ7.5cm、ディッパー全長12.5cm
  • 材質:(ポット)陶器 (スプーン)木
  • 製造国:中国

詳細を見る

 

【価格】¥2,100
【詳細】
  • 素材:陶器
  • サイズ:全長:約17.5cm (先端部:約4.5cm×3.5cm)電子レンジ、オーブン使用可
【編集長コメント】
瓶に入れたまま、はちみつが固まってしまってもこれなら耐熱性で安心。
また、平たい形なので通常のスプーンの入れ物にも収納できてしまうところがいいですね。

詳細を見る

ハニーディスペンサーのおすすめ人気ランキング3選

 

【価格】¥1,471
【詳細】
  • サイズ:80x95x160mm
  • 本体重量:435g
  • 素材・材質:ABSクロームメッキ/ステンレス/シリコン/ポリプロピレン
  • 原産国:台湾

【カスタマーレビュー】

入れ替えも簡単です。
使用してレバーを閉じるとハチミツの切れがよく周りにこぼれない。
何年も同じ物を気に入って使用している。
但し、寒い時は固まっているからレバーを急に強く押すとかチンっと破損しますから注意!

詳細を見る

 

 

 

【価格】¥1,620
【詳細】
  • サイズ:10×9×高さ12.5cm
  • 本体重量:270g
  • 素材・材質:身/陶器 フタ/ポリプロピレン ステンレス パッキン/ポリエチレン
  • 原産国:日本

【カスタマーレビュー】

ハチミツを入れる前に蓋、パッキン、本体を熱湯消毒しました。
その結果、パッキンが熱でひとまわり小さくなり波打ってしまいました。
熱湯消毒の際には、パッキン以外を消毒した方が良い様です。

詳細を見る

 

【価格】¥707
【詳細】
  • 本体サイズ:胴径6.8×高さ14.5cm
  • 本体重量:240g
  • 材質:本体/ソーダライムガラス、フタ/ポリプロピレン、中栓/シリコンゴム、金具/18-8ステンレス
  • 原産国:日本
  • 容量:300ml

【カスタマーレビュー】

このシリーズを、何本も揃えて、20年以上愛用しています。
手作りのドレッシングボトル、蜂蜜入れ、お砂糖入れ、お酢の入れ物、などとして、180ml 、300mlを使い分けています。
少し粘度のある液体の場合は、注いだ後に、少しキャップに残ることもありますが、拭き取りやすいので、あまり気になりません。
口が広めなので、ブラシやスポンジで洗いやすいです。

詳細を見る

 

高級なマヌカハニーなら専用スプーンがおすすめ

すりきりやすいため、垂れません

番外編 濃厚な高級マヌカハニーには専用スプーンがおすすめ

【価格】¥500
【詳細】

  • 本体サイズ 140mm×32mm
  • 材質:メープル
  • 塗装:ウレタン塗装
  • 原産国:インドネシア共和国

詳細を見る

ハニーディッパーのおすすめの洗い方

 

「はちみつはべたべたしていてお手入れが大変。」

そんなあなたに朗報です。簡単にはちみつが落とせるお手入れ方法のご紹介です。

たった4ステップでしっかりと洗い流せます。

 

 

①沸かしたお湯に器やディッパーを入れる

②少量の洗剤をいれ30秒ほどかき混ぜる

③お湯が温かいうちに流す

④水洗いをする

 

使ったあとは早めに洗って、はちみつが固まってしまうことを防ぎましょう。

まとめ

 

✓少量ならハニーディッパーがおすすめ

✓はちみつは直射日光を避けて保管する

✓ステンレス製は品質変化の原因にもなるので避ける

 

デザイン性にも優れた使い勝手のいいハニーディッパーやハニーディスペンサーを見つけて、毎日の食卓の雰囲気をおしゃれに演出してみてはいかがでしょうか?