北欧デザインのティーポット6選|ブランド別の魅力とおすすめがまるわかり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ティーポットも北欧デザインのおしゃれなものにしたい。」とお考えではありませんか?最近では、いろいろな商品が出ていて、どれがどう違うのか分かりにくいですよね。今回は、それぞれの特徴や魅力を紹介しながら、素敵なティーポット探しをお手伝いします。

 

1.北欧デザインの魅力

北欧デザインが好まれる理由として、自然をモチーフにしたデザイン長く使えるいいものであること和な雰囲気にも合う木製素材などがあげられます。

また職人の手仕事が生み出すあたたかさなども日本人のメンタリティと合っていると言えるでしょう。夏が短く、冬が長い、北欧ならではの室内でのライフスタイルが生んだ独自の生活を豊かにするための魅力がたっぷり詰まっています。

2.北欧デザインのティーポットのおすすめブランド

【ittala[イッタラ]】ティーマ ティーポットは気軽に使えてデイリーユースにおすすめ

日常使いをするには、気を使いすぎなくていいシンプルなつくりのものがいいですよね。また、紅茶を飲むときだけでなく、ドレッシングやお鍋のお出汁もいれておけます。機能を制限しないので、使い方はあなた次第です。

容量:1L

【marimekko[マリメッコ]】 OIVA ティーポットは木製の持ち手を”育てる”ポット

本体はもちろん、なんといってもポイントは、さわり心地のよい木製ハンドル。毎日使えば使うほどなじんでくるので、愛着のあるアイテムに育ちます。あなたの時間の変化をともに歩んでくれる存在になりそうですね。

容量:700ml

【白山陶器】のティーポットはアンティーク調のデザインが上質さを際立たせます

長崎県の波佐見町に工場をもつ白山陶器。日本人の生活に合う、どこか急須のような親しみやすさを持ったティーポット。和洋どちらのインテリアにも映える永く使いたい一品。

容量:630ml

【HARIO[ハリオ]】で透き通るガラスの雰囲気にぴったりなアイスティーを煮出そう

プレスタイプのティーポットは、見た目にも涼しげなガラス製。アイスティー用に少し濃い目に煮出すのがおすすめです。

容量:450ml,700ml

【ARABIA[アラビア]】Ruskaはヴィンテージ感のある落ち着いた雰囲気を演出

何年も愛されてきたような色味のRuska。フィンランド語で秋の色という意味を持つという上質な落ち付いた色身は、ディナーのあとのティータイムの小さな灯りに映えます。釉薬によって表される色味は一点一点異なり、まったく同じものはひとつも存在しません。


【ホガナス】のティーポットは希少で売り切れ続出、知る人ぞ知る名品

丸みのある形がほっこりとしたティータイムを演出。ホガナスは、北欧スウェーデンで100年以上の歴史を持ち、日常使いとして大変人気のあるシリーズ。ほんのりとしたカラーと艶やかな質感が魅力です。

3.さらにおしゃれにした場合はこんなアイテムもおすすめ

ティーコージーも北欧デザインで揃えよう

ティーコージーは、ポットに覆い被せる布製のカバーのことを指します。紅茶を蒸らしている間に、冷めないようにするためのアイテムです。ティーポットは同じでも、いくつか持っておくだけで気分を変えられる点がおすすめです。

▪︎ルネ・デュー グレー

ルネ・デュー ブルー

4.まとめ

 

✓北欧デザインは、日本人のライフスタイルや美的感覚に近いことで人気

✓ティーポットだけでなく、ティーコージーで着せ替えを楽しむのもGOOD

 

いかがでしたでしょうか?この中から、長く使えるお気に入りのアイテムが見つかると幸いです。ティーポットはそんなに頻繁に買い換えるものではないので、これだという一品に出会えることをお祈りしています。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*