ガラスの容器はオーブンに入れても大丈夫?耐熱温度差が120℃以上のものを選ぼう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ガラスはオーブンに入れても大丈夫なの?」

おうちにある容器を見て、ふとそう思われたのではないでしょうか?

耐熱と書いてあるけれど、オーブンなのか、電子レンジもOKなのか、はたまた直火?

意外と判断が難しいですよね。

本記事では、オーブンに対応しているガラスとその理由をわかりやすく解説します。

 

ガラスはオーブンに入れても大丈夫?

クリアで中身が見えておしゃれなガラスの容器。

「これって、オーブン調理に対応しているの?」

耐熱ガラスは、オーブン調理OK

耐熱ガラスなら、電子レンジ・オーブン調理ともに可能です。

また、ものによって、鍋など直火対応しているものもあります。

耐熱ガラスとは、耐熱温度差が120℃以上400℃未満のガラスのことです。

逆に耐熱ガラスでないものは、オーブン内で破損し、ケガをする恐れがありますので、絶対にオーブンには入れないでください。

 

耐熱ガラスに表記されている「耐熱温度差」とは?

「耐熱温度」と「耐熱温度差」は全く別物です。

耐熱温度差とは高温にしたガラスを水中に投入して急冷させた時、破損に耐えうる温度差のことです。

たとえば、160℃でクッキーを焼くためのバットに表記されている耐熱温度差が120℃以上であれば、加熱後に氷水などで急激に冷やさず、じっくり冷ませばOKということですね。

耐熱温度差が120℃以上のものが、オーブン・電子レンジなどに使える天下用、耐熱温度差が150℃以上のものが直接火にかけて使える直火用として扱われています。

 

なぜ耐熱ガラスは普通のガラスよりも熱に強いの?

では、なぜ耐熱温度差が120℃から400℃の耐熱ガラスは、普通のガラスに比べて熱に強いのでしょうか?

難しい言葉で、「熱膨張する割合が小さいから」と言えます。

ガラス以外でも、ほとんどの素材は、温度が上がると膨張し、温度が下がると収縮する性質を持っています。

ガラスコップに熱いお湯を注いだ場合、内側のガラスだけが先に膨張し、外側の部分はまだ熱が伝わっていないのですぐには膨張しません。

その時に、その地広がろうとする力が働いた結果、この力の差によってガラスが割れるのです。

 

一方で、耐熱ガラスは「ホウ素」という物質を混ぜることで、温度が変化してもほとんど膨張しないようにしてあります。

オーブンに対応できるその他の素材

耐熱ガラス以外にオーブン調理に対応しているものはあるのでしょうか?

これを機におさらいしておきましょう。

オーブン対応であっても、急にお水で冷やしてしまうと品質が悪くなるものもありますので、できれば自然に冷ますことを心がけてください。

 

まとめ

✔️耐熱ガラスであれば、オーブンの使用は可能

✔️耐熱温度差により、オーブン・電子レンジ・直火のどれに対応しているかが別れる

✔️詳しくは、容器に書かれている表記を確認しよう

 

いかがでしたか?

おしゃれでそのまま食卓にも出せるガラスの器。

オーブン対応であればなおさら使い勝手もよく愛用したくなりますね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*