エスプレッソには砂糖を入れる?スタバ店員が正しい飲み方を解説!

「エスプレッソに砂糖は入れてもいいの?」

コーヒー好きの方なら一度は遭遇したことがあるこの疑問。

「あんな苦い飲み物を、爽やかな顔をして飲むのが大人なのかな?」

なんて思いで苦いエスプレッソを飲んでいたのは筆者です。

まだまだ日本では馴染みのないエスプレッソとお砂糖にまつわる疑問と正しい飲み方を元スタバ店員の筆者がわかりやすく解説しています。

 

エスプレッソとは?

そもそもエスプレッソとは、“抽出方法”のことを指します。

black coffeemaker

マシンや器具により、圧力をかけて抽出されたコーヒーをエスプレッソコーヒーと呼びます。

よって、コーヒー以外に紅茶をエスプレッソで抽出したものをエスプレッソティーと呼ぶこともあります。

エスプレッソコーヒーは、25cc~60ccの濃いコーヒーとして提供されます。

※1杯取りか2杯取りで容量が異なります。

white ceramic teacup on saucer

エスプレッソの語源

イタリア語で急行・特急が転じた“速い”の意と、“特別に”“あなたのために”の意2つの説があります。

エスプレッソコーヒーの定義

6~8gの極細挽きのコーヒー豆を使用し、9気圧の圧力をかけ90度(±数度)の熱湯30ccを20~30秒で抽出した液体のことを指します。

定義は、イタリアのエスプレッソ協会が定めています。

 

エスプレッソコーヒーに砂糖は入れる?

濃くて苦いエスプレッソコーヒー。

「そんな苦いドリンクをかっこよく飲むのがオトナなのかな?」

「砂糖を入れるのは恥ずかしいのかな?」

そう思っている方に朗報です!

なんと本場イタリアや愛好家の多い北米では、多くてスプーン3~4杯も入れるそうです。

 

エスプレッソと相性のいい砂糖は?

グラニュー糖はクセがなく初心者におすすめ

クセのないグラニュー糖は、エスプレッソコーヒー初心者におすすめです。

ナチュラルな甘味でエスプレッソ本来のコクやうまみを邪魔しません。

 

上白糖は溶けやすくておすすめ

日本ではポピュラーな上白糖ですが、海外ではあまり馴染みがありません。

本場ではあまり使われることがないようですが、もっとも溶けやすいため舌触りを邪魔せず、甘さはナチュラルでグラニュー糖同様に相性抜群です。

角砂糖は食感も楽しめる

角砂糖は、少々溶けにくいのが難点ですが、ジャリジャリとした食感を楽しむのもひとつです。

ゆっくり溶けていく角砂糖を入れることで一口目と後半部分で全く味が異なります。

 

エスプレッソに入れた砂糖は混ぜる?混ぜない?

これは好みによるそうです。

混ぜない派のツウな飲み方としては、“溶けきらなかった砂糖をスプーンですくって食べる!”とのこと。

筆者も実践してみましたが、たしかに砂糖がカラメルのような味わいになって新しい体験ができました。

coffee on white ceramic mug with stainless steel spoon

 

エスプレッソ≒チョコレート

エスプレッソコーヒーは、好みのチョコレートを作るような感覚でお砂糖の量を調整するのがツウの飲み方。

また砂糖の量に応じて味わいが変わるのもエスプレッソのおもしろいところ。

お砂糖を足していくにつれて、ナッツのような香ばしい風味から徐々にアプリコットのような味わいに

つまりエスプレッソは、大人がおやつ感覚で飲む濃厚で甘いドリンクということなのですね。

assorted grayscale photos near white ceramic mug

 

エスプレッソコーヒーのアレンジ方法は?

実は普段よく飲んでいるものにもエスプレッソコーヒーが使われているんです。

エスプレッソコーヒー+ミルク=カフェラテ

実は日本人がもっとも消費しているコーヒーは「カフェラテ」。

なんとコーヒーの消費量のうち約70%がカフェラテです。

そんな日本人に愛されるカフェラテもエスプレッソをアレンジしたドリンクなんです。

ホットならスチームミルク(蒸気で空気を含ませながら温めたミルク)を加え、アイスなら抽出したエスプレッソに直接ミルクを注ぎ、最後に氷を入れます。

ラテはエスプレッソを抽出してから時間が経つとおいしくなくなるので、抽出後いかに早くミルクを注ぐかがカギです。

coffee latte serve in ceramic mug

エスプレッソコーヒー+ミルク+チョコレート=カフェモカ

ミルクとチョコレートを加えたものが甘くておいしいカフェモカです。

おうちでカフェモカを作る際は、チョコレートは湯煎で溶かしたものを使うかチョコレートシロップを使うとおいしいカフェモカが作れます。

作り方の秘訣は、順番にあります。

「カップにチョコレートを入れておく→エスプレッソを入れる→すぐに少量のミルクを入れる→かき混ぜる→残りのミルクを注ぐ」

しっかりこの順番を守ることで、雑味のない、チョコレートがしっかり混ざったカフェモカを作ることができます。

clear drinking glass with latte on brown wooden table

エスプレッソコーヒー+ホイップクリーム=エスプレッソコンパナ

これはあまり馴染みのない人も多いのではないでしょうか?

実はスターバックスコーヒーのメニューにもなっています。

日本では、ドリップコーヒーにホイップクリームを入れた”ウインナーコーヒー”が近いですね。

作り方は一番簡単で、抽出されたエスプレッソにホイップクリームをのせるだけ

espresso con panna in white cup

 

まとめ

✔️エスプレッソに砂糖を入れるのが本場の飲み方

✔️スプーン3~4杯入れても大丈夫

✔️溶けずに残った砂糖はそのまま食べられる

 

いかがでしたか?

これで我慢して苦いエスプレッソを飲まなくてよくなりましたね。

むしろ甘いエスプレッソを飲んでいるあなたはツウに認定されますよ!

本場流の飲み方で、新たなるエスプレッソライフを楽しんでみてください。