使って分かった!ホーローのやかんのメリット・デメリット

「おしゃれなホーローのやかん、メリット・デメリットを知りたい!」

「実際のところ、使い勝手はどうなの?」

おしゃれなホーローのやかんですが、実際のところデメリットはあるのでしょうか?

筆者が野田琺瑯のアムケトルを使って感じたメリットやデメリットをわかりやすく解説します。

 

ホーローとは?

ホーロー(琺瑯)とはガラス質の釉薬を鉄などの金属表面に被覆して高温で焼き付けた物です。

ガラスと鉄のいいとこどりのような素材なんですね。

 

さらにホーローというのは、2種類あります。

わかりやすく言うと、「重いホーロー」と「軽いホーロー」です。

重いものは鋳物ホーローといって、ルクルーゼのお鍋などはこちらのタイプです。

軽い方は鋼板ホーローという、老舗ブランドの野田琺瑯で使われているものはこちらです。

 

ホーローのやかんのメリット

ホーロー素材はなんといっても保温性が高い事が魅力です。

寒い冬にお茶を沸かした時には、1-2時間たってもほっこり温かいままでお茶が飲めました。

逆に、夏の冷たい麦茶も冷蔵庫から出してしばらくたっても、冷えたままの状態を保ってくれました。

 

ほかにも茶渋の色残りがしにくかったり、コンロの上でお湯を沸かしても引っ掻き傷がつきにくかったりという利点がありました。

 

ホーローのやかんのデメリット

反対に、デメリットだなと感じたことは、重いことです。

単体での重さはもちろん、さらに2L近くのお茶を沸かすと、小さなコップに注ぐ時は大変です。

筆者の場合、コーヒーをドリップするためにも使いたかったのですが、これが全く使えませんでした。

細くお湯を注ぐのに一苦労するのはもちろん、普通に腕が疲れました。

 

また、一度焦げがついてしまうと洗うのが面倒です。

あまりゴシゴシしてしまうと、傷がついてしまいそこからサビてしまいます。

 

ガシガシ使いたい人にはあまりおすすめできません。

 

ホーローのやかんはこんな方におすすめ

 

✔️どれもサイズが小さめのものが多いので1-3人家族であること

✔️丁寧に扱うことが苦じゃない人(家事が好きな人)

✔️とにかくおしゃれさを優先したい人

 

ホーローのやかんの売れ筋をチェックする

 

まとめ

お鍋やタッパーで、機能性が高く重宝されるホーローですが、やかんとしては、特別そんなにメリットがないなと感じました。

ただ、デザインは言うことがない程かわいすぎたため、購入に至りました。

使ってみた感想としては、何を差し置いてもあのアムケトルのフォルムがかわいいので、結果オーライでした。

ただやはり、お湯が沸くのが遅いので早くお湯を沸かしたいせっかちさんには、ステンレス製のやかんをおすすめします。