電気圧力鍋

電気圧力鍋おすすめ8選|選び方もどこよりも詳しく解説

「電気圧力鍋」名前は聞いたことあるけど、何を基準にどう選べばいいんだろう?

ここ数年、またブームが再燃している電気圧力鍋。

忙しく働く女性の増加により注目が集まっているようです。

パナソニック、シロカ、ティファール、様々なメーカーから多種多様な商品が発売されていますが、どれが使いやすいのかよく分からないですよね。

そこで、おすすめの電気圧力鍋はもちろん、選び方も丁寧に解説しています。

各社10商品を徹底的に比較しましたので、これを読み終える頃には、「自炊が楽しくなる、あなたにぴったりの電気圧力鍋」が見つかっているでしょう。

電気圧力鍋とは?

電気圧力鍋とは、電気を使って中身を熱し、水分を蒸気に変えて、その蒸気に圧力をかけて高温状態にします。

そうすることで食材が一気に調理されていくという代物です。

また、新しい調理器具のように聞こえますが、実は、1970年頃、玄米を炊くために炊飯器の派生商品として誕生したものです。

1番おすすめの電気圧力鍋は「1台6役!siroca 電気圧力鍋」

 

sirocaの電気圧力鍋は、最新モデルでありながらも、どこかレトロな雰囲気を感じさせる見た目もかわいいモデルです。

色は全3色で、シンプルな白色、キッチンのアイコンになる赤色、落ち着いていてインテリアに馴染む茶色。

最もおすすめのポイントは、「多機能調理が簡単操作でできる」ことです。

事前に無水カレー、カレー、肉じゃが、豚の角煮、さんま煮、ポトフ、白米、玄米のメニューが搭載されているため、材料を入れて、ボタンを押すだけであっという間に調理が完了してしまいます。

sirocaの電気圧力鍋にも機種はいくつかありますが、1-2人分の調理なら、こちらの機種がおすすめです。

【Amazon】で詳しく見る

電気圧力鍋を使うメリット

そもそも電気圧力鍋を使うと何がいいのでしょうか?

時短調理ができる

一番のポイントはやはり、「時短調理」。

忙しく働く女子の味方になってくれる商品です。

電気調理器を採用することで、ガスとは違い、火加減が入らず、具材さえ入れてしまえば、あとはおまかせで料理ができてしまいます。

これなら、お弁当の作り置きにも重宝しそうですよね!

砂時計

圧力鍋のように火加減の調節がいらない

上記でも書いたように、火加減の調整がいりません。

失敗することもなく、ボタンひとつで思いのままに調理をすることができます。

料理が苦手だなと感じていた人は、まずは、電気圧力鍋から始めてみるのはいかがでしょうか?

見違えるほどの出来栄えになりますよ!

光熱費が抑えられる

これは圧力鍋に共通していることですが、調理時間が短縮されるため、普通の鍋で調理するよりも光熱費が削減できます。

特に、夜、帰宅後の時間帯は電気代が安いので、寝る前に次の日のお弁当のおかずを作るという風に工夫すれば、時短かつ電気代の削減にもつながり一石二鳥ですね!

音がうるさくない

本体が大きいため、うるさいのかな?と敬遠されがちですが、圧力鍋特有のピーっという音もなく、快適に使うことができます。

早朝や深夜の利用も可能で、忙しい現代人の味方になってくれるでしょう。

電気圧力鍋の選び方

人数に合わせてサイズを選ぶ

基本の選び方は、「1+人数」で容量を選ぶのがおすすめです。

たとえば、1人分は1+1=2L、2人分は1+2=3Lという計算をします。

また、その際の注意点としては、中身の容量だけでなく、電気圧力鍋を配置するスペースに合わせて本体のサイズを選ぶこともお忘れなく。

パワーの大きい、高機能な電気圧力鍋は、調理器具としては優秀ですが、どうしても本体のサイズが大きくなってしまい置き場所に困ることもしばしば。

縦、横、奥行きを考慮してサイズ選びをしておきましょう。

コンパクトなものをお探しなら、siroca 電気圧力鍋のコンパクトタイプがおすすめです。

IH式かマイコンタイプ、電力の違いで選ぶ

少し専門的になりますが、主に、電気調理器具は、IH式かマイコンタイプの2種類からなります。

IH式は電磁調理器の加熱原理を用いたもので、ヒーター式に比べ大火力を自在に火加減できるため、おいしく調理ができます。

マイコン式とはマイコン制御で火加減を行うタイプのことで、釜全体が発熱するIH炊飯器に比べると、熱の強さは弱いと言えます。IH式に比べて低価格なことが魅力です。

ちなみに、電気代はさほど変わらないようです。

本格的なものを選ぶならIH式価格重視ならマイコン式という基準で選ぶのがおすすめです。

調理コースの豊富さで選ぶ

せっかく電気圧力鍋を購入するなら、今まで面倒で作れなかった、煮込み料理などにも挑戦したいですよね。

また、コースの多さだけでなく、低温調理(スロー調理)という機能があるものもおすすめです。

低温調理といえば、ラーメンに入っているチャーシューなどがその代表例です。

ラーメンとチャーシュー

沸騰状態の鍋で煮たり、油を引いたフライパンで焼いたりする調理に比べて、湯せんなどによって比較的低い温度で時間を掛けて熱を伝える低温調理は、独特の食感や瑞々しさが楽しめる画期的な方法です。

しかしながら、毎回、そんなにお鍋とにらめっこしているわけにはいかないですよね。

そんな手間がかかるけれどおいしさは倍増する低温調理は、電気圧力鍋だからこそ取り入れたい調理法です。

ぜひ、コースの多さに加えて低温調理も比較検討の際に候補に入れてみましょう。

調理にかかる時間を確認する

基本の調理にかかる時間を確認しておきましょう。

調理時間、圧力のかかる時間を調整できるものを選んでおくと、好みの柔らかさに調整できるので、そういった点も確認しておくといいですね。

フタの形はプッシュ式?スライド式?

フタは大きく分けてプッシュ式とスライド式があります。

プッシュ式は片手で開閉ができることが魅力ですが、分解できないので、お手入れが少し面倒です。

また、フタを開けても当たらないだけの高さを確保する必要があるため、その分の高さもスペース確保の考慮にいれる必要があります。

スライドして開け閉めするものはお手入れしやすいのですが、ある程度の力が必要なので片手での操作には適していません。

自分にとってどちらの方が使いやすいかイメージして選んでみてください。

保温機能や温め直し機能は充実しているか?

保温機能の継続時間や温めなおし機能の有無もチェックしておきましょう。

保温機能の目安は、半日(12時間)程度あるものが、一般的な生活スタイルに適しています。

温めなおし機能があると、いちいち電子レンジにかけるために器をなんども入れ替える必要がないので必須機能のひとつといっても過言ではないでしょう。

お手入れがしやすいものを選ぶ

衛生面も大切ですよね。

分解できるかどうか食器洗浄機にかけられるかどうかもチェックしておきたいポイントです。

ある程度名の知れたメーカーであれば、お手入れ時にパッキンをなくしてしまったり、交換なども丁寧に対応してくれるので、そういった点も一緒にチェックしておきましょう。

置き場所の環境を確認する

蒸気が出るタイプのものは、上部に木製の棚などがあると、使っているうちに棚にカビが生えてしまったりします。

また、タイルに置く場合は、当たってタイルが割れてしまわないようにするなど置き場所の環境も十分チェックしておくことが重要です。

安全性も確認しておく

お子様がいるご家庭であればチャイルドロック機能があるもの、調理中はフタが開かないものなど、火傷や事故を防げるものを選びましょう。

また、意外と見落としがちなのが、コンセントのタイプです。

マグネット式のものを選んでおくと、万が一引っ掛けてしまっても、簡単に外れるので、本体ごと倒れてしまうことを防げます。

電気圧力鍋のおすすめのメーカー

電気圧力鍋は、様々なメーカーから発売されていますが、やはり使用後の保証なども考えると、サポートがあるメーカーが安心ですよね。

シロカ

今、話題のシロカは、ごつごつしたイメージのある電気圧力鍋を、機能だけでなくデザインにも徹底的にこだわっているブランドです。

一人用にも対応したコンパクトさなのに調理は本格的。

しかも驚きの低価格なのが嬉しいポイントです。

 

パナソニック

下ごしらえコースという、面倒な下ごしらえから調理までを全てお任せできる本格的な機種を1点のみ発売しています。

少しデザイン性には欠けますが、本格的な調理をお求めの方はこれ一択ではないでしょうか。

 

シャープ

シャープといえば「ヘルシオ」が代表的です。

独自の調理法で減塩や脱油の効果で有名ですよね。

また、意外と知られていませんが、coroco kitchenというアプリと連携してスマホで操作をすることが可能です。

電気圧力鍋おすすめモデル【一人用】

1位 デザインも機能もこれひとつ

siroca 電機圧力鍋 コンパクトタイプ(SP-D131)

sirocaの電気圧力鍋は、最新モデルでありながらも、どこかレトロな雰囲気を感じさせる見た目もかわいいモデルです。

色は全3色で、シンプルな白色、キッチンのアイコンになる赤色、落ち着いていてインテリアに馴染む茶色。

最もおすすめのポイントは、「多機能調理が簡単操作でできる」ことです。

事前に無水カレー、カレー、肉じゃが、豚の角煮、さんま煮、ポトフ、白米、玄米のメニューが搭載されているため、材料を入れて、ボタンを押すだけであっという間に調理が完了してしまいます。

sirocaの電気圧力鍋にも機種はいくつかありますが、1-2人分の調理なら、こちらの機種がおすすめです。

容量 1.2L(呼び容量 2L)
フタ スライド式(取り外し可能)
タイプ マイコン
保温機能 あり(最大12時間)
サイズ  幅22×奥行23.8×高さ24.9cm

価格:11,900円(税込)

【Amazon】で詳しく見る

2位 ヘルシー調理はヘルシオにお任せ

シャープ ヘルシオ ホットクック(KN-HW16D-W)

独自の調理法で減塩や脱油を可能にするヘルシオシリーズ。

外食も減って、さらにヘルシーな調理もできる万能選手です。

IoT対応モデルなので、専用アプリをダウンロードすれば、スマホから簡単に料理ができます。

価格:37,458円(税込)

容量 1.6L
フタ プッシュ式
タイプ マイコン
保温機能 あり
サイズ 36.4×28.3×23.2cm

【Amazon】で詳しく見る

 

3位 コスパ重視の方におすすめ

アルコレ 電機圧力鍋 (LPC-T12/W)

基本的な機能のみが揃った、価格重視の方におすすめの電機圧力鍋です。

難しい操作は嫌、結局いろんな機能があっても使いこなせない、という方にお使いいただきたい一点です。

価格:9,700円(税込)

容量 1.2L(呼び容量 2L)
フタ スライド式(取り外し可能)
タイプ マイコン
保温機能 あり
サイズ 約(幅)26.8 ×(奥行)26 ×(高さ)25.5cm

【Amazon】で詳しく見る

 

4位 置き場所に困らないコンパクトタイプ

RELICIA コンパクト電気圧力鍋(RLC-PC02RF)

 

ゴツゴツしたイメージの電機圧力鍋が、炊飯器程のサイズになりました。

これなら、毎日使わない場合は、収納も簡単ですよね。

一人暮らし用のキッチンにも収まるサイズが嬉しいポイントです。

価格:6,990円(税込)

容量 2L
フタ スライド式(取り外し可能)
タイプ マイコン
保温機能 あり
サイズ 幅22×奥行22×高さ26cm

【Amazon】で詳しく見る

 

電気圧力鍋おすすめモデル【二人用】

1位 オート機能つきで簡単操作

ワンダーシェフ 電機圧力鍋 (OEDA30)

8種のオートメニューキーが備わっているので、初めての方でも操作しやすいボタンになっています。

炊飯器の操作と変わらないので、普段使いにぴったり。

内釜はノンスティック加工で、こびりつきにくい仕様なのでお手入れも簡単です。

価格:11,752円(税込)

容量 3L
フタ プッシュ式
タイプ マイコン
保温機能 あり
サイズ 約W304×D270×H278㎜

【Amazon】で詳しく見る

 

2位 普通のお鍋も圧力鍋もこれ1台

コイズミ マイコン電気圧力鍋(KSC-3501/R)

圧力鍋としてはもちろん、付属のガラス蓋を使って、普通のお鍋としても使えるのが魅力です。

コンロがひとつ増えた感覚で、毎日のお料理にも使えるのが嬉しいですね。

価格:11,490円(税込)

容量 2.5L
フタ スライド式(ガラス蓋付)
タイプ マイコン
保温機能 あり
サイズ W260×D280×H250(㎜)

【Amazon】で詳しく見る

 

3位 冷凍したまま調理可能

ショップジャパン プレッシャーキングプロ(PKP-NXAM)

冷凍のまま食材を入れてOK!

解凍する手間が省けます。

さらにタイマー機能が充実していて、最大24時間後のタイマーを設定することができ、忙しい主婦(主夫)の味方です。

価格:15,876円(税込)

容量 2.4L
フタ スライド式
タイプ マイコン
保温機能 あり
サイズ 85×273×295mm

【Amazon】で詳しく見る

 

電気圧力鍋おすすめモデル【三人以上用】

1位 ナビ機能つきで簡単調理

ティファール クックフォーミー

特徴は60個ものレシピが内臓されている点です。

豊富なレシピで毎日の献立にも役立ちます。

加圧・炒める・煮る・蒸すという4つの調理を操作しやすい液晶画面でワンタッチ。

また、ご飯なら10合も炊ける大容量!

家族に合わせて2~6人分の調理が可能です。

容量 6L
フタ プッシュ式
タイプ マイコン
保温機能 あり(最大5時間)
サイズ 38×35×32.5(cm)

価格:25,318円(税込)

【Amazon】で詳しく見る

 

電気圧力鍋を活用したレシピ

電機圧力鍋を使うと、加圧時間は3分程度で炊き込みご飯や肉じゃがなど手の込んだ料理もできてしまいます。

基本のおすすめレシピを参考に、電機圧力鍋のある自炊ライフを楽しんでみてください。

一人分のカレー

カレーライス

 

肉じゃが

肉じゃが

 

まとめ

✔️人数に合わせたサイズ選びをしよう(1+人数)

✔️置き場所のチェックも忘れずにしておこう

✔️一番おすすめの電気圧力鍋は、siroca 電気圧力鍋 コンパクトタイプ

いかがでしたか?

一度使うと手放せなくなると話題の電気圧力鍋。

ルンバなどと並んで現代人に必須のアイテムになること間違いなし!

快適な自炊ライフをお楽しみください。