卵のスライサー「エッグスライサー」が万能すぎる!|活用方法6選とおすすめを紹介

「卵のスライサーって卵しかスライスできないの?」

「おすすめのエッグスライサーを知りたい!」

今やダイソーなどの100均でも手に入るエッグスライサー。

身近な存在にはなったものの、いつもお家で眠っていませんか?

実は、いろんな食材に使えて、毎日でも使いたくなる便利な調理器具なんです♪

そんなエッグスライサーの使い方の基本からアレンジ方法、さらにおすすめのスライサーもご紹介します!

これを読めば、あなたも今日からエッグスライサーをフル活用したくなること間違いなし!

 

エッグスライサーの使い方6選

基本の使い方【ゆで卵をきれいにスライス】

 

まずは、基本の使い方をおさらいしましょう。

卵をスライサーの上に、横にしたゆで卵を置いて、スライサーを降ろすだけ

半熟のゆで卵は扱いにくいので、固ゆでがおすすめです。

 

アレンジ①【ゆで卵をみじん切りにして卵サンドに】

タマゴサンドに使われている、マヨネーズで和えられたみじん切りの卵。

これこそエッグスライサーの出番です。

基本のスライスで、まず横にスライスした卵をそーっと向きを変えて、垂直にカットします。

2回目のスライスは、ゆっくり刃を入れることで、卵が潰れにくくきれいにカットできるのでおすすめです。

タルタルソースも、同様の方法で作ることが可能です。

 

アレンジ②【オリーブオイルやマッシュルームなど小さな野菜のカットに】

ピザやサラダに使える、マッシュルームやオリーブのカット。

一枚一枚包丁でカットしているとキリがないですよね。

そんな時にもエッグカッターが大活躍します!

オリーブは2~3個を一気にスライスできますよ。

 

アレンジ③【ケーキ用の果物もきれいにカット】

ショートケーキに挟むイチゴや、フルーツタルトのキウイなども、エッグスライサーが使えます♪

いくつも果物をスライスしなけらばいけないホールケーキも手間がかからず便利です。

また、卵を6等分できるタイプのスライサーだと、トッピング用の果物にも使えます

 

アレンジ④【バターを使いやすい形にカットして保存】

バターを塗りやすい大きさにカットしているお宅も多いのではないでしょうか?

何度も手で触ってしまうとベタベタして扱いにくいバターのカットもエッグスライサーが解決!

縦にスライスされた、薄くスライスされたバターをトーストした食パンに置けば、まんべんなく行き渡り塗りムラができないのでおすすめです。

 

アレンジ⑤【じゃがいもを細長くカットしてフライドポテトに】

少し固めのじゃがいものカットには、ステンレス製の刃がついたスライサーがおすすめです。

スライサーで均等にカットされたじゃがいもを使えば、揚げ時間にムラがでないので、おいしいフライドポテトを作る際の必需品です。

エッグスライサーの選び方

スライサータイプと飾り切りタイプの2種類から選ぼう

一般的な「スライサータイプ」とマルチに使える「飾り切りタイプ」の2種類があります。

スライサータイプは卵1個を9枚にスライスできるものが多いです。

飾り切りタイプは、卵を垂直において6等分できるものや、卵をギザギザにカットできるものもあります。

どちらか1つで迷っている方は、包丁で薄く切るのが難しいので、まずはスライサータイプがおすすめです!

両方使用する機会がある方は、どちらもついたスライサーが便利でおすすめです。

 

ステンレス製の刃がついたものがスライスしやすくておすすめ

刃は主に、ステンレス製とプラスチック製があります。

プラスチック製は安価なものが多いですが、やはり切れ味はステンレス製に軍配があがります

置き台はプラスチック製でも問題ありませんので、カラフルなものが欲しい方は、台がプラスチックで刃はステンレスのものがいいでしょう。

省スペースにはスティックタイプがおすすめ

台に卵をセットしてスライスするものが一般的ですが、こちらのスティックタイプなら場所を取らずに収納できるのでおすすめです。

かさばる調理器具は、少しでも減らしたいですよね。

これなら フライ返しやおたまと一緒に立てて収納することも可能です。

ただし、安定感に欠けるため、たくさんスライスしたい場合は台がついたタイプのものがいいでしょう。

 

エッグスライサーおすすめ人気ランキング5選

 

1位 切れ味抜群の「和平フレイズ 味道 ステン玉子切り

和平フレイズ 味道 ステン玉子切り

価格:¥443

文句なしの堂々1位はこちらのエッグスライサー。

筆者も愛用するこちらのスライサーは、1年以上使用していますが全く切れ味が悪くなりません

どれにしようか迷っている方は、こちらを購入するのがおすすめです。

→このエッグスライサーについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月19日現在のAmazonの情報を引用しています。

 

2位 多機能が便利な「貝印 三徳玉子切り

貝印 三徳玉子切り

価格:¥857

スライスも飾り切りもどっちも使いたいという方には、こちらがおすすめ。

その日の気分に合わせて、サラダの玉子の形を変えたいという場合など、マルチに使えてお得です。

スライサーと飾り切り用を2つ別々に買うと、1000円以上してしまいますが、これならお釣りが返ってくるお値段です。

→このエッグスライサーについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月19日現在のAmazonの情報を引用しています。

 

3位 おしゃれにアレンジするなら「川崎合成樹脂 波型たまご切り器

川崎合成樹脂 波型たまご切り器

価格:¥466

ちょっとおしゃれに卵をスライスしたい方は、こちらがおすすめ。

とっても簡単に波波の卵ができちゃいます♪

お弁当用のゆで卵にもぴったりですね。

→このエッグスライサーについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月19日現在のAmazonの情報を引用しています。

 

4位 たくさんスライスするなら「上から押すだけ! スライサーカップ (2色組)

上から押すだけ! スライサーカップ (2色組)

価格:¥2,138

カップ付きのこちらのスライサーなら、タルタルソースなどの大量の卵をスライスする時に便利です。

カップにそのまま調味料を合わせるだけですぐにアレンジ料理が出来上がります♪

→このエッグスライサーについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月19日現在のAmazonの情報を引用しています。

 

5位 3種類がセットになった「3in1カット多機能エッグスライサー

3in1カット多機能エッグスライサー

価格:¥650

いろんな種類のスライスを試してみたい方にはこちらがおすすめ。

置き台もセットになっていて安定感抜群です!

3つがすっきり収まり、スペースも取らず収納できて便利です。

→このエッグスライサーについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月19日現在のAmazonの情報を引用しています。

 

面倒な卵の殻剥きにはエッグカッターがおすすめ

卵をスライスする前に必要な「殻剥き」。

ゆで卵を食べるにあたって、これほど面倒な作業はないですよね。

しかし、ここに簡単に卵を向くことができる便利ツールがあります!

それが「エッグカッター」です!

YideaHome エッグカッター

価格:¥280

面倒な殻剥きも、これで卵の上部をパキッと向いておけばするんと簡単に卵を剥くことができます♪

ゆでる前に卵に穴を開ける方法もありますが、白身が飛び出てしまうことも…

これを使えばきれいな状態で卵剥きをすることとが可能です。

→このエッグカッターについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月19日現在のAmazonの情報を引用しています。

 

まとめ

✔️卵のスライサー、名称は「エッグスライサー」

✔️刃はステンレス製が、スライスしやすくて丈夫で長持ち

✔️活用方法は全部で6通り!いろんなお料理に大活躍!

✔️殻剥きには、エッグカッターがおすすめ

 

いかがでしたか?

卵をスライスするだけだと、あなどるなかれ。

これでいつものお料理のレパートリーが広がりそうですね♪