【違いは?】カフェラテ、カプチーノ、カフェオレやカフェモカの違いを図解

カフェや喫茶店に行くと、カフェラテやカプチーノ、カフェオレやカフェモカなど似たようなコーヒーがたくさんあってわからないという方も多いのではないでしょうか?

本記事を読むと、それぞれの違いはもちろん、どれがいいのか迷っているあなたの飲みたいドリンクが見つかります。

カフェラテ、カプチーノ、カフェオレやカフェモカの違いって?

カフェラテやカプチーノ、カフォレ、カフェモカなど、牛乳の入ったコーヒーがたくさんありますよね。それぞれもとになるコーヒーの抽出方法や牛乳などの材料、作り方の違いがあります。

 

カフェラテとカプチーノの違いは?

カフェラテとカプチーノの決定的な違いは「使われている牛乳の割合」です。

双方に使われる、蒸気で温められた牛乳にはなめらかな部分(スチームミルク)泡々の軽い口当たりの部分(フォームミルク)に別れます。

カフェラテは、スチームミルクとフォームミルクが8:2くらいの割合がもっともおいしい比率です。

対して、カプチーノはスチームミルクとフォームミルクは5:5の割合です。

甘さは、カフェラテの方が甘く、しっかりクリーミーな牛乳の味わいを感じることができて苦いのが苦手な方にも飲みやすいでしょう。

person holding a cup of chocolate milk

 

カフェラテとカフェオレの違いは?

カフェラテとカフェオレの違いは、「もとになるコーヒーの違い」です。

カフェラテは、エスプレッソコーヒーというギュっと凝縮されたコーヒーを使っています。

コクのあるエスプレッソコーヒーを使っているので、舌になめらかさのあるミルクが広がります。

カフェオレは、ブラックコーヒーとして飲む、ドリップコーヒーを使用しています。

水分が多いので、すっきりとした味わいのコーヒーです。

また、豆知識として、カフェラテはイタリア語、カフェオレはフランス語です。

もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

カフェラテとカフェオレレの違いとは?|飲み方の違いやおいしく飲めるコップも紹介

person pouring coffee on mug

 

カフェラテとカフェモカの違いは?

カフェラテとカフェモカの違いは「チョコレートシロップの有無」です。

モカというのは、 本来、モカコーヒーのことで、そのコーヒー豆にはカカオ(チョコレート)に似た風味があり、カフェモカは、チョコレートを入れることでそれに似せたもののことです。

また、表面にココアパウダーがかかっているものもあります。

チョコレートシロップを使っているので、甘ったるいのでは?と思われがちですが、砂糖の少ないシロップが使われているので、自分で甘さを調整してみてください。

selective-focus photography of latte in white Riocafe cup on top of saucer near teaspoon

 

こんな気分のときにおすすめ

「で、わたしはどれを頼めばいいの?」という方にそれぞれの特徴をご紹介します。

カフェラテはしっとりとした味わいで気持ちを落ち着けたい時に

味の特徴(甘さ★★☆):やや苦味を感じる・コクがある

カフェラテは、なめらかな口当たりで他の食事と楽しむというよりは単体で飲むことをおすすめします。

カプチーノよりも甘くて、コーヒーが苦手な方でも飲みやすいですよ。

 

カフェオレはすっきりと飲めるので朝食にぴったり

味の特徴(甘さ★★☆):すっきりとした飲み口

カフェオレはさらっと飲めて、出勤前のいっぱいにおすすめです。

スターバックスコーヒーでは、カフェミストという名前で注文できます。

 

カプチーノは気分を切り替えたい時にぴったりの苦味の残る味わい

味の特徴(甘さ★☆☆):エスプレッソの味をしっかり感じられる

カプチーノは、ミルクを使ったドリンクの中でも、より苦味やコクを感じたい方におすすめです。

カプチーノの泡の比率は、店員さんに伝えると変えることができるカフェも多いので聞いてみてくださいね。

 

カフェモカは食後のスイーツのような感覚で

味の特徴(甘さ★★★):チョコレートのコクを楽しめる・甘い

チョコレート好きならこれ一択!

食後にケーキほどの量はいらないけれど、何か甘いものが欲しいなあという時におすすめです。

お店によって甘さが異なるので、事前に確認してみるのもいいですね。

また、生クリームがのっていて、溶かしながら飲めるものも多い印象です。

 

エスプレッソコーヒーとは?

そもそもエスプレッソとは、“抽出方法”のことを指します。

black coffeemaker

マシンや器具により、圧力をかけて抽出されたコーヒーをエスプレッソコーヒーと呼びます。

よって、コーヒー以外に紅茶をエスプレッソで抽出したものをエスプレッソティーと呼ぶこともあります。

エスプレッソコーヒーは、25cc~60ccの濃いコーヒーとして提供されます。

※1杯取りか2杯取りで容量が異なります。

white ceramic teacup on saucer

エスプレッソの語源

イタリア語で急行・特急が転じた“速い”の意と、“特別に”“あなたのために”の意2つの説があります。

エスプレッソコーヒーの定義

6~8gの極細挽きのコーヒー豆を使用し、9気圧の圧力をかけ90度(±数度)の熱湯30ccを20~30秒で抽出した液体のことを指します。

定義は、イタリアのエスプレッソ協会が定めています。

 

普通のドリップコーヒーとの違いは?

エスプレッソ抽出は、圧力をかけて短時間でコーヒーを抽出するため、お湯の中に溶け出す成分の量が濃くなり、濃厚な味わいになります。

また、抽出時間が短いためカフェインは溶け出しにくく、カフェインの含有量は普通のコーヒーより少なくなります。

まとめ

✔️カフェラテとカプチーノの違いは「使われている牛乳の割合」

✔️エスプレッソコーヒーかドリップコーヒーを使っているかで変わる

 

いかがでしたか?

あなたにぴったりのドリンクが見つかっていると幸いです。