バターナイフのおすすめ人気ランキング6選|朝食の時短が叶うナイフの特徴や選び方を紹介

「毎回、固まったバターが切れなくてイライラする…!」

「もっと塗りやすいバターナイフはないの?」

そんな声が日本全国の家庭から聞こえてきそうですね!

本記事ではFt8編集部が、おすすめのバターナイフを厳選しました。

これで全国の朝が少しでも優雅になることを祈っています…。

 

この記事で紹介した編集部厳選のバターナイフベスト3

 

1.この切れ味は快感!話題の「ザット バターナイフ スプレッド ザット」

→このバターナイフについてもっと詳しく見る

 

2.するするバターがすくえる「アーネスト とろけるバターナイフ」

→このバターナイフについてもっと詳しく見る

3.素朴ながらも耐久性はピカイチ「柳宗理 バターナイフ」

→このバターナイフについてもっと詳しく見る

バターナイフの選び方のポイント

刃の幅は用途に合わせて選ぼう

バターナイフで一番大切なのが、刃の長さ。

バターケースに入れていて、一気にすくってサッと塗りたい方は長めがおすすめ

逆に瓶にはいったジャムをすくったり、短めは、小さなポーションタイプのバターや瓶入りのジャムが最後まできれいにすくい取れるのでおすすめ

刃の形は目的別に選ぼう

刃が薄く尖っていると、固いバターや冬場に固まったはちみつなども削りやすくなります。刃が比較的厚いものが多い木製のバターナイフは塗りやすさはあるものの削りにくいため、素材にこだわらないのであれば丈夫な金属製のナイフがおすすめです。

また、刃がナイフのように波刃になっているとバターだけでなく、果物やサンドイッチとしてパンに挟むハムを切れるのでと何かと重宝するのでおすすめです。

 

また写真のようなバターナイフを見かけたことはないでしょうか?

こちらは、家庭用で、上部の斜めにカットされた部分は、刃に負担をかけずに固まったバターをすくいとるために開発されたものです。

 

 

持ち手の素材や形状を確認しよう

持ち手が細いものは、パンにバターを塗る時に軽い力で塗りやすくおすすめです。

逆に太めで重量のあるものは固まったバターを切る時にとても切りやすくなります

用途に合わせて必要な太さを選んでみてください。

 

さらに素材は木製や金属、様々なものが用意されていますが、ここは大差がないので気に入ったデザインで選んでしまっても問題ないでしょう。

熱伝導率が高いものはバターが切れやすくておすすめ

テレビで紹介され話題になったアルミ製のバターナイフ。

大容量のバターを小分けにしてストックされている方などは重宝するかもしれません。

 

木製はおしゃれだけど軽すぎて使いづらいかも

筆者も木製のバターナイフをデザインが気に入って購入してみましたが、厚みがあって切りにくいです。

やはり毎日使うものとしては使いにくいなと感じました。

ただ、ピーナツバターやジャムなどは、塗るのはもちろん、金属製のものよりも洗いやすくて大変重宝します。

もしもジャム用で検討されている場合は木製のものを選んでも問題ありません。

※ちなみにわたしが購入したのはこちらのバターナイフです。完全にデザインで選びました。

おすすめのバターナイフ6選

 

1.この切れ味は快感!話題の「ザット バターナイフ スプレッド ザット」

ザット バターナイフスプレッドザット

価格:¥1,944

テレビでも話題の、バターが切れやすいナイフ。

驚くほどするすると切れると口コミでも話題。

柄から刃までが直線上で洗いやすく衛生的なところもポイントですね。

→このバターナイフについてもっと詳しく見る

※価格と評価は、2018年8月8日現在のAmazonの情報を引用しています。

 

2.するするバターがすくえる「アーネスト とろけるバターナイフ」

 

アーネスト とろけるバターナイフ

価格:¥686

小さな穴がバターを糸状に切り出してくれます。

この快感、ぜひ味わってみてください。

また刃の部分が少し曲がっているので、パンに対して平行にバターを塗れるのも力入らずでGOOD!

→このバターナイフについてもっと詳しく見る

 

※価格と評価は、2018年8月8日現在のAmazonの情報を引用しています。

 

3.素朴ながらも耐久性はピカイチ「柳宗理 バターナイフ」


柳宗理 バターナイフ

価格:¥648

小さな穴がバターを糸状に切り出してくれます。

この快感、ぜひ味わってみてください。

また刃の部分が少し曲がっているので、パンに対して平行にバターを塗れるのも力入らずでGOOD!

→このバターナイフについてもっと詳しく見る

 

※価格と評価は、2018年8月8日現在のAmazonの情報を引用しています。

 

4.切ってもよし、塗ってもよし「ふわふわバターナイフ」

 

ふわふわわバターナイフ

価格:¥448

朝のイライラを解消する一手はコレ!

少し寝かせ気味で使うといいですよ。

口コミでも、いつもよりバターが空気を含んでふわっとしたとの感想が多数。

→このバターナイフについてもっと詳しく見る

 

※価格と評価は、2018年8月8日現在のAmazonの情報を引用しています。

 

5.四角いバターを手軽に実現「貝印 四角く切れるバターナイフ」

貝印 四角く切れるバターナイフ

 

価格:¥312

店のモーニングセットで出てくるような四角いバター。

ナイフで切るとどうしても手がベタベタしてしまう。

そんなお悩みを解消し誰でも手軽にきれいな四角いバターが実現!

→このバターナイフについてもっと詳しく見る

 

※価格と評価は、2018年8月8日現在のAmazonの情報を引用しています。

 

6.すくって楽しい、塗って軽やか「EAトCO バターナイフ

EAトCO バターナイフ

 

価格:¥1,080

使い心地のよさの秘密は両刃式。

ギザ刃はパンのコゲ落としにも使えます。

ちょっと力がいるので少しバターを溶かしてから使うのがおすすめ。

→このバターナイフについてもっと詳しく見る

 

※価格と評価は、2018年8月8日現在のAmazonの情報を引用しています。

 

バターナイフの洗い方のコツ

ベタついたバターナイフは洗い物がやっかい?

いえいえ、そんなことはありません。

基本の3ステップを守れば、いつまでもきれいな状態を保つことができます。

 

①キッチンペーパーでバターを拭き取る

②お湯ですすぐ

③最後にスポンジで磨く

 

こうすることで、油分の多いバターを流してしまい詰まりの原因や環境汚染にもならないのでおすすめです。

またバターがついたままスポンジで洗ってしまうと他の食器にも油分が付着するので、スポンジでは軽く洗い流す程度と考えておくのが良いでしょう。

 

 

バターナイフをケースに入れたままはNG?

こちらは各家庭で意見が別れる問題ですが、理想は毎回洗うことをおすすめします。

理由は、乳製品と付着した水分が原因でブドウ球菌による食中毒が懸念されるからです。

正しく使って、バターやパンをおいしく食べましょう!

 

まとめ

✔️刃が短いと、そこまですくいとれるのでおすすめ

✔️バターを塗る時には木製は使いづらいので注意

✔️熱伝導率がいいものはバターが切れやすくて話題!

 

いかがでしたか?

たかがバターナイフ、されどバターナイフ。
たった1つ、ナイフを変えるだけであら不思議、朝の時短にもつながり、家族みんながハッピーになります。

所詮、バターナイフとあなどるなかれ、今までのイライラが嘘だったかのようにするするとバターが溶けて、塗りやすさ抜群の1本に出会えた時には、いつもよりパンを食べ過ぎてしまうかも。

ああ、こう書いている私もおいしいバターといいバターナイフ、そして香ばしいパンを食べたくなりました。

実は、編集長の実家はパン屋なんです♪

そんな今回の記事は「Ft8」編集長からお届けしました。