パン屋さんに聞きました!ブレッドケースおすすめランキング5選

「パンをおしゃれに保存したいな。」

「次の日に食べる食パンをふっくら保存したい。」

そんなあなたのために、使い勝手がいいだけでなく、おしゃれなデザインのブレッドケースをご紹介します。

さらに本記事では、パン屋さんに聞いた情報を元に選び方や素材の特徴を解説します。

 

ブレッドケースとは?

ブレッドケースとは、パンの乾燥を防ぐための保存容器で、素材はホーローや桐など様々です。
食パンやフランスパンなど、すぐには食べきらない、2~3日置いておきたいパンを保存できます
ただし、長期の保管には向かないので、その際は冷凍保存をするなど別の方法で保存してください。

ブレッドケースの魅力は機能性だけではありません。
とてもおしゃれな容器が多いので、映画のワンシーンのようなキッチンを演出することができます。

ブレッドケースの選び方

フタの形は2タイプから選ぼう

フタの形は、「ロールアップタイプ」と「被せ式」があります。

 

ロールアップタイプ

小物のパンが埋もれずに収納できます

さらにボックスの上にもちょっとした小物をのせられるので省スペース収納が実現します。

しかし、食パンはサイズにより入らないものもあるので注意しましょう。

被せ式

いわゆる普通の箱の上からフタをのせるボックスです。

食パンのサイズに合わせて作られているものが多く、ぴったり収納できます。

さらにパンを入れない時は、他の食品やキッチン用品を保存しても違和感がないので、マルチに使いやすです。

できればフタの上には、何も置かないのがベストです。中身を取り出すときにいちいち動かさなければいけないので、手間になります。

素材の特徴によって選ぼう

ブレッドケースに適した素材は、「ホーロー」・「桐」の2つです。

 

ホーロー

食品の臭いが付きにくいのが特徴です。

また頑丈で、耐久性も高く一生モノとして使用することが可能です。

いいものを長く使いたいという方に。

 

湿度の調節をしてくれるのが桐のいいところ。

パンはふっくら、クッキーはサクサクに保ってくれる素材です。

さらに木のなかでも、特に変形しづらく、多少傷がついても回復するなどといった特徴があります。

ナチュラルな雰囲気のインテリアがお好きな方に。

 

ブレッドケースおすすめランキング5選

No.1 THE OLDE FARMHOUSE ホーローブレッド缶

THE OLDE FARMHOUSE ホーローブレッド缶

価格:¥3,980

食パンがちょうど1.5斤入ります(パンにより多少変わります。)

パン以外にも用途が広い角形のブレッドケース。

密閉できないので長期保管する食品の保存には向きませんが、ケースや袋に入ったものをまとめて入れられます。

→このブレッドケースについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月11日現在のAmazonの情報を引用しています。

 

No.2 ロールアップブレッドボックス

ロールアップブレッドボックス

価格:¥3,000

一度は憧れる、ロールアップ型のブレッドボックス。

フランスパンや小さめのパンが埋もれずに保存できます。

キッチンのカウンターなど見える位置に置いてあるととてもおしゃれですね。

→このブレッドケースについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月11日現在のAmazonの情報を引用しています。

 

No.3 STELTON RIG-TIG ブレッドボックス

STELTON RIG-TIG ブレッドボックス

価格:¥9,504

北欧好きの方におすすめのRIG-TIGのブレッドケース。

フタはブレッドボードとして、パンをカットする際にも使えます。

本体には、50%竹を配合した樹脂を使用しており、抗菌・消臭効果も期待できます。

→このブレッドケースについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月11日現在のAmazonの情報を引用しています。

 

No.4 木製 収納ボックス 扉付き

木製 収納ボックス 扉付き

価格:¥4,212

アンティーク調の雰囲気がすてきな木製のケース。

波々のレトロガラスが特徴。

間接照明があるキッチンにとても映えますよ。

→このブレッドケースについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月11日現在のAmazonの情報を引用しています。

 

桐 ブレッドボックス

桐 ブレッドボックス

価格:¥2,680

桐は、自然と湿度の調整をしてくれるので、パンをふっくらしたまま保存できます。

また、虫を寄せ付けない成分や菌の増殖を抑える成分も含んでいるので食品の保存も安心。

パンは袋に入れたまま保管してください。

→このブレッドケースについてもっと詳しく見る

※価格は、2018年8月11日現在のAmazonの情報を引用しています。

まとめ

✔️素材は、臭いの付きにくいホーローとパンをふっくら保てる桐がおすすめ

✔️フタがブレッドボードになるケースは、取り出してすぐカットもできて使い勝手抜群

 

いかがでしたか?

パンをおいしく保管するだけでなく、見た目もおしゃれなデザインが多いブレッドケース。

いつも袋で保存している方も、ぜひブレッドケースを取り入れてみてください。

毎朝のパンがいつもよりおいしくなりますよ。