ビアグラスのおすすめ5選|自宅でおいしいビールが飲めるコツも紹介

「おいしいビールを飲むためのグラスがほしい!」

最近では、クラフトビールも流行し、ビールの幅が広がりつつありますよね。

しかしながら、お家では、なかなかお店で飲むようなビールが飲めないなと感じたことはありませんか?

カギは、ビールの種類よりも、グラスにあったんです!

本記事では、グラスの選び方とおすすめ5選、さらに自宅でおいしいビールを飲むコツまでを徹底解説!

毎日のちょっとしたご褒美にビールを楽しむ時間が訪れることをお祈りしています。

1番のおすすめのビアグラスは「SPIEGELAU[シュピゲラウ] クラフトビールグラス 」

価格:¥2,900

ドイツのグラスメーカーシュピゲラウは、世界中のプロフェッショナルが愛用する、圧倒的な耐衝撃性と耐久性を誇るグラスです。

1,500回の繰り返しの洗浄テストにも耐える強度と永く美しい輝きを保つシュピゲラウは、
世界中の五つ星ホテルやレストランのプロフェッショナルにこよなく愛され続けています。

まっすぐなグラス(パイントグラス)に比べ、芳醇な香りをしっかり届けてくれる波打った形状が特徴です。

また、こちらはペアでの購入がおすすめです。

1つのみ購入しても2000円を超えるため、2つセットでの購入がお得です。

 

シュピゲラウ クラフトビールグラスを詳しく見る

ビアグラスの選び方のポイント

飲み口の広さで香りが変わる

飲み口が広いものはより香りを引き立たせます。

ボディが太く飲み口も広いグラスは、香りを楽しみたいペールエールなどに最適です。

一方で、飲み口の小さいグラスは泡がしっかりと締まるので泡がきめ細やかなビールを楽しむことができます。

 

グラスの厚さで味が変わる

いいビールを飲むなら薄いグラスのどごし重視なら厚いジョッキのようなグラスと覚えておくのがいいでしょう。

最近流行りの飲み口が薄いグラスは、とても飲みやすいという印象を与えてくれます。

ほとんどグラスの抵抗がなくすーっと口までビールが入ってきます。

また、薄いグラスは甘みを感じやすいという特徴もあります。

よって、より複雑な味を楽しみたい方には薄めのグラスがおすすめです。

 

逆に厚めの、居酒屋さんで出てくるジョッキのようなグラスは、一気に飲んでのどごしを感じたい時におすすめ。

特別な日のグラスというより、毎日の自分へのちょっとしたご褒美というような感じでしょうか。

厚めのグラスは、しっかりと冷やしておくことがポイントです。

 

陶器なら泡がクリーミーで長持ち

秘密は、陶器の内側の凹凸にあります。

この凹凸のためにビールを注ぐ際、より細かなクリーミーな泡が作れ、また泡の消滅速度が遅くなるのです。

また、凹凸のよさを生かすためには、焼き物にコーティングされている釉薬が少ないものを選ぶこともポイント。

備前焼などがその代表です。

「ビールは絶対、陶器で。」という方も、まだ味わったことがない方にもおすすめしたい器です。

これなら、自分用にはもちろん、プレゼント用にも喜んでもらえること間違いなしです。

おすすめのビアグラス5選

価格:¥2,900

冒頭でもご紹介したドイツのグラスメーカーシュピゲラウのビアグラス。

世界中のプロフェッショナルが愛用する、圧倒的な耐衝撃性と耐久性を誇るグラスです。

1,500回の繰り返しの洗浄テストにも耐える強度と永く美しい輝きを保つシュピゲラウは、
世界中の五つ星ホテルやレストランのプロフェッショナルにこよなく愛され続けています。

まっすぐなグラス(パイントグラス)に比べ、芳醇な香りをしっかり届けてくれる波打った形状が特徴です。

また、こちらはペアでの購入がおすすめです。

1つのみ購入しても2000円を超えるため、2つセットでの購入がお得です。

 

シュピゲラウ クラフトビールグラスを詳しく見る

 

価格:¥3,240

芳醇な香りを楽しみたい時にはこれ。

グラスの縁まで満たさずに、半分まで注いでお飲みいただくと、香りがグラスに溜まり、ビールの風味と味わいを最大限にお楽しみいただけます。

 

シュピゲウ ビール・チューリップを詳しく見る

 

価格:¥6,480

スッキリとした味わいのビールを飲みたい方にはこれ。

シンプルなデザインながら、絶妙な重量感と洗練された美しいフォルムが特徴。

※トランスペアレントガラスとは

バリウム・リチウム等の金属を配合し、従来のクリスタルガラスに準じた屈折率を実現したガラスです。クリスタルガラスに多く含まれる鉛は使わず、人と環境に優しい次世代の材料です。

 

生涯を添い遂げるグラス ビア トランスペアレントを詳しく見る

価格:¥5,887

泡がもっちりときめ細やかなビールを飲みたい方にはこれ。

目でも楽しい色鮮やかな装飾も魅力です。

 

九谷焼 陶器 ペアビールグラスを詳しく見る

 

価格:¥3,870

泡が濃厚で、薄めの飲み口なので、甘さを感じるビアグラスです。

備前焼は、もっとも濃厚なビールを飲める焼き物です。

焼き締めという技法を用いて釉薬をあまり使わずに作っているため、しっかり乾燥させることがコップを長持ちさせるコツです。

備前焼 ひいろビアカップ2客セットを詳しく見る

 

おうちでもおいしいビールを飲むコツ

1.製造から1ヶ月以内のビールを買う

お店のビールと自宅で飲むビールの一番の違いは「鮮度」です。

一般的に、ビールの賞味期限は9ヶ月間ですが、やはり賞味期限に近づいていくほど味は落ちてきます。

お店で購入するときは、できるだけ製造びが新しいものをチェックして購入しましょう。

 

2.ビールがもっともおいしい4~8°Cに冷やしておく

ビールが一番おいしい温度は、夏なら4~6℃、冬なら6~8℃がおすすめです。

ビールの冷え具合は好みにもよりますが、ご家庭の冷蔵庫では、4時間ほど冷やしていただければ充分飲み頃の温度になります。
ただ、ビールは冷やしすぎると泡立ちが悪くなる上、原料の麦の成分が凝固して濁りが発生するなどして、おいしさが半減してしまいます。
逆に、生ぬるいビールはのどごしが悪く、しかも泡が立ちすぎてしまいます。

(引用:サントリー お客様センター)

 

3.家庭用ビールサーバーできめ細やかな泡を作ろう

ビールの命は泡!と言っても過言ではありません。

自宅で飲むビールがなかなかおいしくならないのは、泡です。

お店ではビールサーバーを使って空気を含みながら注いでいますが、缶ビールは注いで1分もすれば泡が消えてしまいます。

そんなお店で飲むような泡立ちのいいビールを、缶ビールでも実現してくれるのがコンパクトなハンディサーバーです。

価格:¥1,727

 グリーンハウス ワンタッチビールサーバーを詳しく見る

 

まとめ

✔️選びかたのポイントは「薄さ」「飲み口の広さ」「素材」の3つ

✔️自宅でおいしいビールを飲む時に一番大切なのは鮮度

✔️缶ビールなら、ハンディタイプのビールサーバーもおすすめ

 

いかがでしたか?

夏と冬でおいしく感じるビールも変わります。

季節に合わせてグラスを選ぶというのも粋な楽しみ方ですね。