アヒージョの器おすすめランキング5選|使い方やおいしいアヒージョをつくるコツも紹介

「アヒージョの器ってどれを使えばいいんだろう?」

「代用はできるの?」

最近流行りのアヒージョ、意外と簡単に作れることで人気が急上昇していますが、器が特殊でどれを使えばおいしいアヒージョが作れるのかわからないですよね。

わざわざ専用の器を買ってもそんなに頻繁に使わないなあとお悩みの方も大丈夫です!

本記事では、おいしいアヒージョを作るための器の選び方とおすすめランキング、さらに代用できる器の紹介やアヒージョの作り方のコツまで網羅的に紹介しています。

これを機にお家でもおいしいアヒージョを作ってみてくださいね。

アヒージョとは?

オリーブオイルとにんにくで煮込む小皿料理(タパス)の一種です。

通常耐熱の陶器に熱したオリーブオイルごと提供されます。

スペイン語でにんにくを表すアヒージョ。

料理はアル アヒージョと呼ばれています。

アヒージョの器の名前は?

アヒージョの器は、カスエラ(CAZUELA)と呼ばれています。

スペイン料理でよく使われていて浅い土鍋のような形をしています。

 

アヒージョの器の選び方

サイズは15cmがおすすめ

1人~2人分を作ることが多いアヒージョは15cm程度の大きさがおすすめです。

カスエラは深さがないので15cmくらいある方が余裕を持って具材を入れられます。

 

直火調理ができるものがおすすめ

本格的なアヒージョはガスコンロで直火調理してこそおいしいものが作れます。

できれば直火調理できるものを選んでおくのがおすすめです。

もっとも有名なものは「Graupera(グラウペラ)」というメーカーのものです。

こちらはどの商品も直火に対応しているので安心してお使いいただけます。

お手入れがしやすい食洗機対応の器がおすすめ

たくさんオリーブオイルを使うアヒージョは、手洗いだけではきれいに油が落ちない場合も多いでしょう。

高温で洗浄できる食洗機に対応している器なら、お手入れが楽なだけでなく、しっかり油を落としきることができます。

 

おすすめランキングベスト5

1位:直火、電子レンジ、オーブンに対応「美濃焼 アヒージョ鍋 15cm」

使い勝手がよく、アヒージョ以外にもグラタンやシチューの器として幅広い用途があるこちらの器。

コスパがいいのが特徴です。

色味もブラウンと他の器と合わせやすいのが嬉しいポイント。

土鍋に匹敵する熱伝導率で中身も冷めにくくなっています。

電子レンジはもちろん、直火、食洗機が使えます。

 

 

価格:¥1,050

 

【Amazon】で購入する

 

口コミ

アヒージョを作りたくて、2つ購入。5人のパーティで1つでは足りないかと思い2種類のアヒージョができました。具が足りなくなったら、そのまま直火にかけて具を追加してぐつぐつ煮てからそのままテーブルへ。洗うのも簡単ですし、すごく良かったです。


一人暮らしには少し大きいです。
アヒージョを作ってみましたがすごく良いです。

 

 

2位:「食器屋ピーアンドエス アヒージョ鍋」

シックな器ならこちらの食器屋ピーアンドエスのアヒージョ鍋です。

黒い器を取り入れるだけでぐっとテーブルが引き締まっていいですよね。

 

価格:¥1,569

 

【Amazon】で購入する

 

口コミ

アヒージョ、チーズフォンデュに使いました。家族二人で食べるのにはちょうどいい大きさです。

 

3位:デザインにこだわるなら「ストウブミニ ココット ラウンド10cm 

一家にひとつは欲しいおしゃれなストウブの器。

おしゃれなだけでなくアヒージョなどタパスがおいしくなる工夫が施されています。

食材から出る旨味を含んだ蒸気をフタの裏についた『ピコ』がまんべんなく対流させ、食材本来の美味しさを逃しません。

 

価格:¥7,667

 

【Amazon】で購入する

口コミ

ストウブのかっこ良さに惹かれて買いましたが、アウトドアでは保温力も抜群で
ごげつきも簡単にとれるし、燻製キャンプには欠かせないアイテムになりました。

アウトドアでのアヒージョ、チーズフォンデュ、使いではさまざまで
良い買い物をしました。

 

4位:本場さながらのアヒージョができる「レガス カスエラ」

本場さながらの本格アヒージョを作るならこちらのカスエラがおすすめです。

他の料理には使いにくいのが難点ですがおいしいアヒージョにこだわるならレガスのカスエラ一択です!

価格:¥1,620

 

【Amazon】で購入する

 

5位:ころんとした見た目がかわいい「アヒージョ鍋 マロン」

スープカップやミニどんぶりにもなるアヒージョの器。

丸くて深いのでオリーブオイルがこぼれにくく調理もしやすいのが特徴です。

取っ手もつかみやすいのが特徴で調理もしやすくなっています。

 

価格:¥1,620

 

【Amazon】で購入する

 

口コミ

アヒージョに執着してまして、ホームセンターで買ったグラタン鍋を使ってましたが
オーブンに入れたら真っ二つに割れました。
それでこれを買ってみました、火入れから弱火で使い、仕上げは固形燃料にしました
現状は快調に使えています、まだオーブンは試していませんが・・大丈夫そうです
大きさは1人前でちょうどいいし、深さも油はねしない程度はあるし持ち手のへこみは持ちやすい
とにかくちょうどいい

アヒージョの器は代用できる!

「アヒージョを作ってみよう!」と思ってもお家にカスエラ(アヒージョ)があるとは限りませんよね。

いろんな器で代用できるのでチェックしてみましょう!

スキレット

cooked food on black plate beside fork and spoon on brown wooden table

鉄製の厚手のフライパンであるスキレットで代用してみましょう。

火通りも早く見た目もおしゃれで他の料理にも使えるのでひとつ持っておくと便利です。

➡️スキレットのサイズの選び方はこちら

 

たこやき器

意外に使えるたこ焼き器。

手軽に具材を変えながらいろんな種類のアヒージョが一気に作れるのもいいですね。

 

グラタン皿

これならお家に置いているという方もおおいのではないでしょうか?

直火にはかけられませんが、素材はほぼ同じでもっとも代用しやすい器です。

➡️人気のグラタン皿をチェック

 

フォンデュ鍋

チョコフォンデュやチーズフォンデュを作る時に使えるフォンデュ鍋。

女子会で使いたいかわいいビジュアルはフォンデュ鍋ならではです。

ただしキャンドルで温めていると調理にかなり時間がかかるので事前に調理したものをキャンドルで温めながら使うのがいいでしょう。

 

おいしいアヒージョを作るコツ

にんにくは多めに入れる

煮込んでいると香りが飛びやすくなるので、思っているよりも気持ち多めに入れることをおすすめします。

だいたいにんにくひとかけ程度をすりおろすのがいいですよ。

入れる食材にあらかじめ塩を振っておく

意外と忘れがちな下ごしらえが、事前に塩で味付けをしておくことです。

この一手間を加えるだけで多少時間が経ってもおいしいアヒージョになります。

アヒージョ1人分に対してひとつまみくらいの量でかまいません。

具材を全て入れてからもう一度塩を加える

塩辛くなるんじゃないかと心配されますが、二度に分けて塩を加えることでしっかりと味をつけることができます。

だいたい味気ないアヒージョになってしまうのは、塩を一度で入れてしまい具材かオリーブオイルどちらかだけにしっかり味がついてしまうことが原因です。

また温度変化によっても味の感じ方が変わるので一手間を惜しまず二度に分けて塩で味つけすることをおすすめします。

弱火でじっくり煮込む

強火でさっと作ってしまいたいという気持ちをぐっとこらえて弱火でしっかり味をしみこませましょう。

お肉などメインの具材は特に味がつきにくいため焦げてしまわないように時間をかけて煮込むことがおいしいアヒージョへの近道です。

また、お鍋が小さい分すぐに具材の表面だけに火が通ってしまうので火加減の調節には気を付けましょう。

 

まとめ

✔︎アヒージョの器は直火調理ができるものを選ぼう

✔︎スキレットやたこ焼き器など意外な食器や調理器具で代用できる

✔︎にんにくを多めに入れるとコクが増しておいしくなる

いかがでしたか?

アヒージョの器は意外と他のお料理にも代用できそうですよね。

お気に入りの一点を見つけてぜひお料理の幅を広げてみてくださいね。